「♪ハッピーバースデー・トゥー・ユー」、実は替え歌って知ってた?

お誕生日会での鉄板ソングといえば、そう、「♪ハッピーバースデー・トゥー・ユー」ですよね。

世界でもっとも知られている英語の歌としてギネス認定もされていて、老若男女、人種国籍も問わず広く親しまれている一曲です。

でも、この「♪ハッピーバースデー・トゥー・ユ〜」、実は“替え歌”だったって、知ってました?

では何がどうなって今の形に至ったのか、その謎を紐解いていきましょう。

大学図書館に眠っていた
一冊のソングブック

謎を解くカギは、アメリカはルインスビル大学の音楽図書館にありました。

それが1893年にクレイトン・サミー社が出版した幼稚園向けの歌集「Song Stories for the Kindergarten」。

34cead6eaef76e1dbe01e78c5dd8003f3b933a22

そこに「Happy Birthday」のベースとなった曲の楽譜が収録されていたのです。

タイトルは、「Good Morning to All」。「みなさん、おはよう」といったニュアンスでしょうか。

F7b9c9bb64ab38d187bc7b05047a28e43ba900e3

なるほど、元々は「♪グッドモーニング・トゥ・ユ〜」と、“朝のごあいさつ”の曲として歌われていたのですね。おなじみのあのメロディで一度歌ってみてください。

Good morning to you,

Good morning to you,

Good morning dear children,

Good morning to all.

原曲は100年以上前に
アメリカ人姉妹が制作

474075ce1f2dc56f0bbb087a61d3b6c3f9c6d050

制作したのは、パティ・ヒルミルドレッド・ヒルというアメリカ人の姉妹。

幼稚園の先生であったパティさんが作詞、ピアニストであり作曲家でもあったミルドレッドさんが作曲を担当していて、小さな子どもたちでも簡単に歌えるようにと制作されたそうです。

「♪グッドモーニング・トゥ・ユー」がいつ「♪ハッピーバースデー・トゥ・ユー」になったのかは諸説ありますが、ひとつにはパティさんが受け持っていたクラスの子どもの誕生日に歌詞を変えて歌ったのが発端といわれています。

近年まで著作権を巡って裁判沙汰のゴタゴタもあったりしましたが(2016年にパブリックドメインに指定)、きっと今日も世界のどこかで、「♪ハッピーバースデー・トゥー・ユー」が歌われていることでしょう。

※資料の発見に関する詳しい顛末はこちらの動画でご確認を。

Licensed material used with permission by University of Louisville
バースデーケーキのロウソクを消す「ふぅ〜っ」だって、少なからず撒き散らしているのでは?米・クレムゾン大学の食品安全研究チームは、それが本気で気になってしま...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
「元カレから誕生日カードが届いた!私じゃなくて、愛犬宛てに…」テキサスに住む女性のもとに、ある日、元恋人から手紙が届きました。ただしそれは、彼女宛てではな...
自分の誕生日会に、招待した友達が1人も来なかったというアメリカ・テキサス州に住む8歳の男の子、Graham Day君。ケーキやピザを用意して待っていたのに...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
脳は、"最も有益な情報"を伝達するために働いている。日々新たな情報が入ってくるなかで、物忘れをするということは、質の高い情報を残すための脳の機能とも言える...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりも...
あなたの誕生日はいつですか?またはあなたの周りに、4月21日~5月20日が誕生日の人はいますか?もしいれば、彼または彼女があなたの最高のパートナーになるチ...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...