(つまり、夏がはじまったということです)

 

「花火」にまつわる思い出ってありますか?

たずねておいて恐縮なんですが、実体験としての思い出がない自分が「花火」ときいて思い出すのは、ドリカムの『あの夏の花火』という曲。

打ち上げ花火を見上げながら「かつての恋人」を思い出す瞬間を歌っているんですが、曲のなかで入り混じる、今と過去の回想。きいているといつも、短めの「夏の映画」を観ているような気持ちになるんです。

あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE

Reference: DREAMS COME TRUE

5月28日は「花火の日」

 

なぜこんな話をし始めたかって? 今日は「花火の日」(※)だから。ちょっと気が早い気もするけれど、もう売られはじめているんですよ、花火セット。好きな人と飲んでいい気分になった帰り道なんかに、思い立って買ったりして。線香花火を取り出したら、すこしだけ話す時間を延長しちゃいましょう。それもいつか「あの夏の花火」として、素敵な思い出になるかもしれません。


※285年前の今日、隅田川の両国橋付近で水神祭りの川開きがおこなわれ、
慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたそう。これが「両国川開きの花火」の始まりなのだとか。

 

Top Photo by © iStock.com/KaraGrubis