(つまり、夏がはじまったということです)

 

「花火」にまつわる思い出ってありますか?

たずねておいて恐縮なんですが、実体験としての思い出がない自分が「花火」ときいて思い出すのは、ドリカムの『あの夏の花火』という曲。

打ち上げ花火を見上げながら「かつての恋人」を思い出す瞬間を歌っているんですが、曲のなかで入り混じる、今と過去の回想。きいているといつも、短めの「夏の映画」を観ているような気持ちになるんです。

あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE

Reference: DREAMS COME TRUE

5月28日は「花火の日」

 

なぜこんな話をし始めたかって? 今日は「花火の日」(※)だから。ちょっと気が早い気もするけれど、もう売られはじめているんですよ、花火セット。好きな人と飲んでいい気分になった帰り道なんかに、思い立って買ったりして。線香花火を取り出したら、すこしだけ話す時間を延長しちゃいましょう。それもいつか「あの夏の花火」として、素敵な思い出になるかもしれません。


※285年前の今日、隅田川の両国橋付近で水神祭りの川開きがおこなわれ、
慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたそう。これが「両国川開きの花火」の始まりなのだとか。

 

Top Photo by © iStock.com/KaraGrubis
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
12月14日〜25日、「HERMES(エルメス)」と「銀座ソニーパーク」は、クリスマスに彩られた銀座の街にプレイグラウンドをオープン。「銀座メゾンエルメス...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...