夏の花火は友達と。冬の花火は、好きなひとと。

 

───「冬の、できたて線香花火」

この名前に、キュンと心を掴まれてしまった。

突き刺すような風が吹くときは、外を歩くのがツラくて仕方がないけれど、しん……と静まった冬の夜、夏よりくっきり見える星の下であそびたい。

背景に雪があると、なおさらいい。

筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件で、冬にだけ販売されている。

しっかりした持ち手の部分は、稲藁の芯でできているそう。

約400年前にうまれた線香花火の原型で、今でも残っているのは日本で『筒井時正 玩具花火』だけ。稲藁から火薬まで、ひとつひとつ丁寧に手づくりされている。

気持ちを高ぶらせる夏の花火とは対照的に、寒空の下、静かに見つめるこの花火は、じんわり心を落ちつかせてくれる。

「……さむいね、きれいだね」

って、ささやく声が聞こえる距離で、ぽたりと最後落ちるまで、好きなひとと一緒に見たいね。

Licensed material used with permission by 筒井時正玩具花火製造所(株)

関連する記事

「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...