22000発の花火で夏を祝う!「九州一花火大会」【7/20前売り券発売】

「ハウステンボス」は、安心・安全に最大限配慮し、西日本エリア最大級となる2万2000発を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。開催予定日は9月19日(土)で、今月20日より前売り券の発売を開始する。

夏の風物詩として利用客からの期待も多かった同花火大会。開催に向けて協議をおこなった結果、ソーシャルディスタンスの確保衛生管理などの防疫仕様の運用体制を整えることで開催が可能になった。

具体的な施策は、直前の混雑を緩和する「開場時間の早めの設定」や、ソーシャルディスタンスを確保するための「間隔を空けた観覧席」、終了間際にどうしても混雑してしまう問題を回避する「ブロックごとの退場誘導」、場内どこからでも楽しめるよう「通常より高く花火を打ち上げる」など。

これらは、新型コロナウイルス感染予防に効果的なだけでなく、花火大会でネックになりがちな「過度な人混み問題」の解消にもつながり、例年よりも快適に花火大会を楽しむことができそうだ。

かつてのような夏を満喫できるイベントは少ないものの、この花火大会のように新たなカタチで開催されるものも多数存在。withコロナ時代の2020年しか楽しめない、特別な夏を体感してみては?

ハウステンボス 花火大会 九州一花火大会
©ハウステンボス
ハウステンボス 花火大会 九州一花火大会
©ハウステンボス
ハウステンボス 花火大会 コロナ対策
©ハウステンボス

『九州一花火大会』
【開催日】9月19日(土)
【開催時間】19:00〜20:30
【チケット情報】7月20日(月)から前売り券の販売を開始
【公式ホームページ】https://www.huistenbosch.co.jp/event/fireworks/kyushu_autumn/

Top image: © ハウステンボス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
12月14日〜25日、「HERMES(エルメス)」と「銀座ソニーパーク」は、クリスマスに彩られた銀座の街にプレイグラウンドをオープン。「銀座メゾンエルメス...
7月31日、ビヨンセが監督と脚本、製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が「Disney+」にてリリースされた。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...