新感覚「プラネタリウム」で花火体験!

全国で花火大会が消えた2020年、夏。

東京の花火業者「丸玉屋」が制作したプラネタリウム番組「ハナビリウム〜花火って、なんであるの?」が、全国14ヵ所のプラネタリウムと連携し、順次一般上映を実施している。

プラネタリウムで花火鑑賞、これがなかなかにオツなようだ。

©株式会社丸玉屋

宇宙、天体がメインのプラネタリウムも、夜空を見上げることには変わりない。

プラネタリウムでの鑑賞を想定して作られたプログラムは、360度の実写映像による圧倒的な花火鑑賞体験と、花火に込められた“大切な物語”を届けるというもの。

実際に打ち上げられた5000発の実写映像に加え、本来なら保安上、花火師にしか許されない“花火の真下”からの映像をはじめ、まったく新しい花火の楽しみ方を提案。その迫力は折り紙付きだ。さらに、疫病から始まった日本の花火大会の歴史にも触れることができる。

上映館や上映時間、期間については下記「ハナビリウム」公式ページより確認を(各館新型コロナウイルス対策として人数の制限など実施中)。

夜空に大きく咲き乱れる火の光、内臓まで轟く破裂音、火薬の匂い。日本の夏の風物詩が、一日も早く戻ってきますように。

©株式会社丸玉屋
©株式会社丸玉屋

『ハナビリウム』

【公式ページ】https://www.hanabirium.com/

Top image: © 株式会社丸玉屋
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
18禁のプラネタリウム作品「R18オトナ♡プラネタリウム-古代ギリシャの恋愛博物館-」が、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」と「コニカミノルタプラ...
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
4月17日の21:00〜、YouTubeにて「オンラインプラネタリウム」がライブ配信。出張プラネタリウムなど宇宙にまつわるイベント・サービスを手がける「ア...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...