誰でも花火師になれるクリスマスイベント「エルメスの夢見る花火」

もうすぐ、銀座に花火が打ち上がる。

12月14日(土)〜25日(水)、「HERMES(エルメス)」と「銀座ソニーパーク」は、クリスマスに彩られた銀座の街に、大人も子どもも楽しめるプレイグラウンドをオープンする。期間中は「銀座メゾンエルメス」の屋上から両手にシルクスカーフを掲げた「騎乗の花火師」が舞い降りてお出迎え。

会場内に設けられた特設ステージでは、大きなスクリーンとなった銀座メゾンエルメスのガラスブロックにめがけ、レザー製の花火筒を振りかざすと、プロジェクションマッピングによるオリジナルの花火が打ち上がるという。

冬の花火を銀座に見にいくなんて......なんだかロマンティック。

クリスマスプレゼントを探しにいきがてら、インタラクティブな花火体験を楽しんでみてほしい。

Top image: © 2019 ソニー企業株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
クリスマスの日に完全オーダーメイドのプロポーズまで実施される「うんこミュージアム TOKYO」では、今月25日までクリスマス限定イベント「聖・うんこ・クリ...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
クリスマスプレゼントにぴったりなデザインウォールグラスのパイオニア「GOODGLAS(グッドグラス)」の新作「ルドルフ」。かわいいだけじゃなく、高い機能性...
ミックスジュース発祥の店として親しまれている「千成屋珈琲」が、8月10日、「ラゾーナ川崎プラザ」に関東初出店。夏季限定の「ミックスジュースフラッペ」や、ラ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
グルーミングに対する意識の高い欧米。もちろん日本でも「整える」は常識。でも、それ以上に魅せるヒゲをアレンジするなら、輝くヒゲはどうだろう。クリスマス、忘年...
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
イギリスのヒースロー空港の職員たちが、利用者たちにこの一年の感謝を伝えるためのフラッシュモブを披露。クリスマスソング「ひいらぎかざろう」に聴き入る利用者の...