ハッシュタグの数だけ「レゴ」が寄付されるクリスマスプロジェクトがスタート

#BuildtoGive

このハッシュタグを付けて、レゴブロックで作ったクリスマスのオーナメントをSNSで投稿すると、投稿された作品の数だけ、おもちゃを必要としている子どもたちにレゴセットが寄付される。

これは、2017年よりレゴグループが毎年行っているクリスマスチャリティー活動で、昨年は約140万個のレゴセットが、25ヶ国の、子どもたちがいる医療機関や家庭、子どもたちを支援する団体等に届けられたという。

そして、レゴジャパンは今年、「Rebuild the World ― 創造力が、世界を変える」キャンペーンの一環としてこの活動を日本でも開始

12月27日まで受け付けており、SNSアカウントを持っていない13歳未満の子どもたちの安全を徹底して開発されたレゴ公式無料アプリ「レゴライフ」でシェアすることでも参加できるという。

現在、この活動を盛り上げていくため、ハッシュタグ「#ハッピークリスマスをつなげよう #BuildtoGive」を付けた作品投稿の一部を、レゴジャパン公式Twitterと特設サイトにて公開しているほか、クリスマスオーナメントのアイデアを共有したり、一緒に遊ぶオンラインイベントを、11月14日に開催するとのこと。

もし、家に「レゴ」があるのなら。

少しでも多くの子どもたちが、温かなクリスマスを迎えられるよう、こんなアクションに参加してみては。

©2020 レゴジャパン株式会社

#ハッピークリスマスをつなげよう #BuildtoGive

【特設サイト】https://legojapanbuildtogive.com/

Top image: © 2020 レゴジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
「外ビールが、気持ちイイ!」をテーマに、例年「日比谷公園」で開催される大型ビア&フードイベント「ヒビヤガーデン」が、新たな取り組みとしてプロデュースする「...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
「エルメスのオレンジクリスマス」が開催中。デジタルグリーティングカードが作れたり、銀座がオレンジに彩られたり、いつもとはちょっと違うクリスマスを過ごせるかも。
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...