キム・カーダシアンの「KIMONO」に対するハッシュタグが盛り上がっている

いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中には、「下着じゃありません!」なんてコメントも。

このように投稿されるようになった理由は、キム・カーダシアン・ウェストにあります。

6月25日、キム・カーダシアン・ウェストは矯正下着ラインを発表。サイズが豊富で、いろんな肌の色にあった製品を販売する予定です。

考え方自体は評価されるべきなんですが、つけた名称が……「KIMONO」。おそらく日本の着物が由来になっているのでしょう。

これに対して、一部の人は納得がいかない様子。Twitterで「これが本物の着物です」などと主張しているんです。

賛否はあると思いますが、発音をほぼそのままに「Kim, Oh no(キム、それはないよ)」という意味を含ませたハッシュタグを考えた人、アッパレです。

Top image: © Karwai Tang/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
キム・カーダシアンの写真からお尻を研究し、3Dデータ化して作り出したアイテムの紹介。
サステイナビリティはファッション業界で重要視されるひとつのテーマになっている。それでも不十分だというメッセージが込められているのが「Kaumera Kim...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
人間は一人で生まれ、最終的には一人で死んでいく。実は今、生きていること自体が、いかに奇跡的でありがたいことなのか、わかっている人は意外に少ない。これが本当...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
韓国人デザイナー、キム・インスが手がけた「Turning Chair」の紹介です。
「成田空港」の「オンライン見学ツアー」が今月22日(土)に開催。現在、申し込みを受付中だ。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のスニーカー「EUYEN」。紐なしのニットアッパーとアーシーな色合いがどんなコーディネートにもハマるこの一足は、...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
日本は停滞しているように見えるかもしれないが、生活感や幸福論において静かな革命が起こっているように私は思う。それは、特に若い人たちを中心に広がっている。自...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...