悩んでいるあなたに。恋愛を円滑に進める「7つの法則」

ジョン・キム
作家
韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。最新刊は『ジョンとばななの幸せって何ですか』。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。元音楽プロデューサー四角大輔氏とのコラボサロン『Life is Art』主宰。「女性自身」に連載を持ちながら、女性のひとり起業を応援するV2F Academyを今年3月よりオープン予定。

恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。
拙著『来世でも読みたい恋愛論』から、恋愛を円滑に進めるために心得てほしい、7つの法則を贈ります。

01.
愛する人に、
自分を無償で差し出す

74697771

理想的な愛とは、自分のことを愛しながらも、愛する誰かのために、自分を無償で差し出せること。愛する自分を、愛する誰かにプレゼントすることで、相手が喜びや感動を味わうようになる。

逆に、自分でも愛せない自分を愛する人に差し出すというのは、愛する人のためにすべき行為とは言えないのです。

02.
恋をするふりをする

恋愛は本気になると、自分の愛に集中することができず、相手の視線を意識しすぎるため、自然体のまま自分を表現することに臆病になります。要するに、好きな人には、好きではないよう振る舞うといいのですが、なかなか難しい。

相手の心を奪うだけなら、恋をするふりで接したほうが、スムーズに関係を作り上げることができるのです。実際、本気で恋している人よりも、恋をするふりをしている人のほうが、男女の関係性における主導権を握りやすいのです。

03.
相手の瞳の奥をみつめる

340223987

言葉の力を過信するのは、避けたいもの。言葉に力があるのは確かですが、感情を表現するには不完全であると十分に認識することが大事です。

特に恋愛においては、言葉以上に視線がものを語ります。相手の瞳の奥の奥にあるものを透視するつもりで、相手を見つめるように心がけてみてください。

04.
恋愛の目的は
愛の完全なる獲得ではないと知る

恋愛には忍耐が大事です。思う通りにいかないからといって、イライラしてはなりません。そのためには、時間をかけて眺める心の余裕が欲しいもの。

恋愛の最善の状態は、相手の愛の完全なる獲得ではなく、それを目指して一歩ずつ進む「不完全で不安定な調和」の状態であると思います。

05.
恋に落ちている自分は
幸せだと自覚する

_138284549

恋心を抱くと、心の中にときめきの感情を抱きつつも、ためらいや戸惑いといった均衡を保てない状態が続きます。自分の愛が受け入れられるかどうか、という不安がそうした感情を生み出すのです。

それ以前に、恋に落ちている自分は幸せであることに気づけるかどうかが大切です。

06.
理性によって、感情を制御する

感情は自分にとって、味方にも敵にもなります。たとえば、自分が飼っている犬だと考えてみましょう。自分の感情という、飼い犬の抱く感情を尊重することは大事ですが、その感情の表出においては、理性による制御というしつけをしっかり行うことによって、感情の暴走を防ぐことが大事なのです。

07.
男性は目的志向、女性は過程志向
だと捉える

_282767468

恋愛において、多くの男性は「目的達成のためなら過程は省略してもいい」と考える傾向にあります。その結果、言動が性急になりがちです。一方で、女性は目的地に辿り着くまでのステップ一つひとつに意味づけを行い、自分や相手の気持ちを言葉や約束を通じて確認したがる傾向があります。

女性は総じて言葉が好きで、約束が好きな生き物。過程を大事にする女性の傾向を、男性が理解できた場合、性急な言動は回避され、言葉によるケアや適度なペースマネジメントができるようになります。自分のペースを相手に無神経に押しつけるのではなく、歩調を合わせるくらいの余裕と思いやりが男性側には欲しいところです。

『来世でも読みたい恋愛論』
コンテンツ提供元:ジョン・キム

恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
いろんなストーリーが浮かんできます。
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
幸せを生む材料は、日常の中に無限に散らばっています。ただ、日常生活では様々なことに気を取られて悩み、その幸せに気づけないこともあります。しかしその悩みの中...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
恋愛は単なる気まぐれの感情ではありません。見知らぬ二人が出会い、一つの関係を共に築いていく。それは、簡単にできることではなく、愛に関する本質的な理解のある...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
一人っ子男子の恋愛には、独特の特徴やスタイルがあるため、不思議に思ったり、悩んだりすることがあるかもしれません。彼らに共通する恋愛傾向を知り、どうするのが...
もっと良い人はいるはずなのに、「ダメ男」ばかりを好きになる人いませんか?なぜそうなってしまうのか、「The School of Life」がわかりやすく解...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
映画で観るお姫様と王子様の恋愛は、いつもハッピーエンド。ところが現実は純粋なラブストーリーからどんどん離れていくばかり。まずは「Thought Catal...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...