夜の営みは「音楽」でもっと良くなる!その理由とオススメの20曲

愛する彼とのセックスはいつだって幸せなもの。でも、そこに音楽を加えるだけで、二人の満足度はより高まるようです。

Elite Daily」のこの記事は、女性ライターAlexia LaFata氏が科学的根拠をもとに書いたもの。全20曲のオススメプレイリストも紹介されています。二人だけの「勝負ソング」を探してみるのも楽しいかも!

shutterstock_21906370_R

今では当たり前だけど…
昔と違って、再生が超簡単!

shutterstock_2466064_R

ニワトリが先か卵が先か、アーモンドバターかピーナッツバターかというのは長年の議論のネタ。もしかすると、セックス中に音楽を聞くか聞かないかもその一つに入るかもしれない。

この質問は長年人々を困らせてきた。一昔前は、いいムードになる頃に扱いにくいレコードプレーヤーを操作するのが面倒で、仕方なく静寂の中でコトを済ませる人が多かったはず。

でも、現代ではiTunesを開いて再生ボタンを押すだけ。甘い音楽がロマンチックなムードを盛り上げてくれる。私にとって、いい音楽はベッドルームの必需品。敏感さや感情が高まるのを助けてくれるもの。

なかには、音楽がまったく重要ではないと考える人もいる。やってはみたいが、実際にそのタイミングがないという人も。ただし、私はやっぱり音楽は必要だと思う。音楽が好きだからというだけではなく、「最高の気持ちになれる」という心理的メリットもあるから。

疲れにくく、感度も向上!

shutterstock_115994308_R

カナダ・マギル大学の研究者があることを発見した。ドーパミンは食事、睡眠、セックスなどで欲求を満たすことにより放出される脳内物質だが、それが音楽を聞くことでも放出されるというもの。
加えて、同大学の別の研究が刺激的な音楽を聞くと、心拍数、呼吸数、皮膚の伝導力などを高めることも発見。つまり、セックス中に音楽を聞くことで、絶頂に達しやすくなるというわけだ。ドーパミンを放出する二つのコトを同時にするのだから、それ以上に刺激的なことなどないはず。

さらに別の研究結果を紹介しよう。運動中に音楽を聞く人は、疲れを感じにくく、音楽を聞かない人よりも長く運動を続けられるそう。音楽が運動に対する注意力を軽減させるため、疲れによる辛い気持ちを感じずに済む。疲れからうまく解放され、動きだけに集中できるようになると、より激しく、長くすることができ、最終的な満足度も高くなる。

この結果をセックスに置き換えてみる。ご存知のように、セックスはエクササイズと同じくらい疲れるもの。ジムでのトレーニングのように、激しいセックスは身体の限界や持久力を試される。

30分間のセックスは、30分間自転車をこぎ続けるのと同じくらいカロリーを消費するかもしれない。そうであれば、セックス中に音楽を聞くことが、ジムで音楽を聞きながらトレーニングをするのと同じくらい効果があるのも納得だろう。

 オススメの20曲はコチラ!

shutterstock_259619207_R

2012年、Spotifyが「セックスでいいムードの時に、どのような音楽をかけるべきか」という調査を実施した。対象は18歳から91歳のイギリス人2,000人。その結果が以下だ。

1. “She’s Like The Wind” by Patrick Swayze
2. “Sexual Healing” by Marvin Gaye
3. “Boléro” by London Symphony Orchestra
4. “Take My Breath Away” by Berlin
5. “You See The Trouble With Me” by Barry White
6. “Let’s Get It On” by Marvin Gaye
7. “Unchained Melody” by Righteous Brothers
8. “My Heart Will Go On” by Celine Dion
9. “Je T’aime” by Serge Gainsbourg
10. “I Will Always Love You” by Whitney Houston

私にとって、この10曲はどこかセンチメンタルすぎる気がする。だから、私のオリジナルプレイリストも紹介しておこう。もう少し、深くささやくような色気たっぷりの歌声を集めてみた。

1. “High For This” by The Weeknd (also “Wicked Games” — actually, pretty much anything by The Weeknd)
2. “Nirvana” by Sam Smith
3. “Pony” by Ginuwine
4. “Novacane” by Frank Ocean
5. “So Appalled” by Kanye West
6. “Let’s Stay Together” by Al Green
7. “French Exit” by The Antlers
8. “Do I Wanna Know” by Arctic Monkeys
9. “Instant Crush” by Daft Punk
10. “Latch” by Disclosure

Licensed material used with permission by Elite Daily

思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
付き合った直後は、思ったより夜の事情がロマンティックな結果じゃなくても、テンションで乗り越えられたりもする。だけど"こんな矛盾"が生まれてしまうのなら、ラ...
デートは順調、家にも誘ってくれて、気づいたら色っぽいお時間に。なのに彼の「あそこ」がまったく協力してくれない。それはあなたが魅力に欠けているわけではなく、...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
ちょっと気持ちを高めたいときや気合を入れたいときに役立つのが、そう、“音楽”ですよね。アッパーな曲を聴いているとダウナーな気分も不思議と上向いてくるし、き...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...