ボブ・マーリーの曲も!ジャマイカの「レゲエ音楽」がユネスコの無形文化遺産に

2013年に「和食」が登録されたことで、日本でも一気に注目度が高まったユネスコの無形文化遺産。

11月29日、そこに新しくジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレーションを与えたことを評価しています。

他に無形文化遺産に登録されているのはこんなものもあります。

・イタリアの「ナポリピザの職人技」
・ベルギーの「ビール文化」
・韓国の「キムチ製造」

どれもその国を象徴するようなカルチャーですよね。……となると、ゆったりと陽気なリズムを奏でるレゲエが登録されるのも納得です。だって、ジャマイカのイメージはそれが一番強いもん。

ちなみに、同じ時に日本文化であるナマハゲなどの「来訪神」も登録されましたよ。無形文化遺産、オモシロい!

Top image: © Peter Still/Redferns/Getty images
他の記事を見る
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第三弾はジャマイカ編です。どこか退廃的なムードが漂うミレニアルズの毎日を、全2...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第三弾に続き、今回もジャマイカ編です。どこか退廃的なムードが漂うミレニアルズの...
上手くいかないことが相次ぐと、どうしてもエネルギーってすり減ってしまうもの。そんなときに読んでほしいのが、名前を聞くと即座に「Every little t...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」という伝統工芸があります。小山で本場結城紬の技術を学んでいる「紬織士」の方...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...