ロンドン中のレゲエ・レコードの「ジャケ写」をたどる写真集

好きな映画やMVの撮影場所に行き、写真を撮ったことがあるという人は多いのではないでしょうか。有名どころではロンドンのAbbey Roadとか。聖地巡礼ってやつですね。蛇足ですが、件のAbbey Roadは、世代によってはザ・ビートルズではなく、アニメ『けいおん!』の聖地として認識されているとか。

なんて話はさておき、そんな聖地巡礼の記録を写真集にしてしまった人がいます。ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんです。

すべての始まりは、Joe's All StarsのLP『Brixton Cat』。当時、そのジャケットの撮影地の近くに住んでいたAlexさん。LPを持って現地へ行き、背景とぴったり合わせて写真を撮ってみたところ――「ヤバイ!」。病みつきになったAlexさんは、その後もロンドンにあるジャケ写の撮影地を巡り続けました。

2018年4月10日には、写真集『Retracing Reggae Record Sleeves in London』を発売。ここには、レゲエ・レコードの「聖地」が40ヶ所以上収録されています。

502311164051456058728773121474564922225761189888
Top image: © Alex Bartsch

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で好奇心をサクッと満たそう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...