ロンドン、多様な「夢」に満ちた街。

もともと風景を撮ることが好きで、写真を始めたIwona Pinkowiczさん。ある日、自分の写真に映る人たちのことが気になって、話しかけるようになったそうです。そこで会話をした経験が忘れられなくて、はじめたプロジェクトが「Chasing Dreams」。

これは道端で知り合った人々のポートレートに、
その人たちの「夢」を添えたもの。

彼女はロンドンの街を歩き「あ、この人と話したい」と思ったら、自己紹介をして、たわいもない話をしながら、夢を聞き出す。そんなアートワークです。

THIS IS MY “DREAM”

「歌やダンス、演技を通して、私の考えを知ってもらうこと」

「データアナリストになることと、母国であるソマリアに一度帰ること」

「野心に溺れず、誠実さを持てるようになること」

「幸せになること」

「多くの夢を追い続けて、1つ1つ叶えていくこと」

「医者か方医学者、神経学者のどれかになること」

「山か海に近い場所で、家族のように思える人たちと暮らすこと」

「ガラパゴス諸島で大きなウミガメに乗ること」

「本当の意味で独り立ちすること」

「ドキュメンタリーを撮って、有名なビデオグラファーになること」

「人種やジェンダーへの差別がない世界に暮らすこと」

「最愛の人を見つけること」

「できるだけ多くの人と関わって、違いに寛容になってもらうこと」

「もう一度、映画評論家になること」

「夢を見つけること」

 

多様性に満ちた世界都市ロンドン。たくさんの人が集まるということは、それだけ多くの希望や願いが交錯する場所でもあります。

それにしても、初めてIwonaさんと話したにも関わらず、被写体の人たちの表情は柔らかく、彼女に気を許した様子。彼女の話し方や聞き方には、何か特別なものがあるのかもしれません。

他にもたくさんの人たちの夢を、Instagramでチェックしてみませんか。

Licensed material used with permission by Iwona Pinkowicz
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドン出身のBenjamin Shineは、チュールを使ってポートレートを制作することで知られるアーティストだ。彼の作品は多くの人を魅了し、2017年に...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...