ロンドン、多様な「夢」に満ちた街。

もともと風景を撮ることが好きで、写真を始めたIwona Pinkowiczさん。ある日、自分の写真に映る人たちのことが気になって、話しかけるようになったそうです。そこで会話をした経験が忘れられなくて、はじめたプロジェクトが「Chasing Dreams」。

これは道端で知り合った人々のポートレートに、
その人たちの「夢」を添えたもの。

彼女はロンドンの街を歩き「あ、この人と話したい」と思ったら、自己紹介をして、たわいもない話をしながら、夢を聞き出す。そんなアートワークです。

THIS IS MY “DREAM”

「歌やダンス、演技を通して、私の考えを知ってもらうこと」

「データアナリストになることと、母国であるソマリアに一度帰ること」

「野心に溺れず、誠実さを持てるようになること」

「幸せになること」

「多くの夢を追い続けて、1つ1つ叶えていくこと」

「医者か方医学者、神経学者のどれかになること」

「山か海に近い場所で、家族のように思える人たちと暮らすこと」

「ガラパゴス諸島で大きなウミガメに乗ること」

「本当の意味で独り立ちすること」

「ドキュメンタリーを撮って、有名なビデオグラファーになること」

「人種やジェンダーへの差別がない世界に暮らすこと」

「最愛の人を見つけること」

「できるだけ多くの人と関わって、違いに寛容になってもらうこと」

「もう一度、映画評論家になること」

「夢を見つけること」

 

多様性に満ちた世界都市ロンドン。たくさんの人が集まるということは、それだけ多くの希望や願いが交錯する場所でもあります。

それにしても、初めてIwonaさんと話したにも関わらず、被写体の人たちの表情は柔らかく、彼女に気を許した様子。彼女の話し方や聞き方には、何か特別なものがあるのかもしれません。

他にもたくさんの人たちの夢を、Instagramでチェックしてみませんか。

Licensed material used with permission by Iwona Pinkowicz
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。