ロンドンの街を彩る「光の屋根」

写真では伝わらない。そんな言語化できない“何か”を味わえるだろうプロジェクトが発表された。

ちょっと気は早いけど、クリスマス時期のロンドンを「光」で飾りつけようという取り組みだ。

テムズ川にかかるミレニアム・ブリッジから、北に直進すると見えてくるセント・ポール大聖堂。内装の美しさが有名なのは、わざわざ説明する必要もないだろう。

この思わず黙り込んでしまうような空間を、ロンドンの一般的な道に再現しようというのがプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の狙いだ。現段階では、ライトを配置したワイヤーフレームを使って、街にアーチをかける予定らしい。

実際に足を運んで、他の人がどのようなリアクションをするのかや、会話を控えたくなるような空気が生まれるのか、目の当たりにした自分は何を考えるのかという、行く前には予想できないこと確認してみたい。

Licensed material used with permission by Napp Studio(Wesley Ho, Aron Tsang) collaborated with Urban Paradox (Chris Tsui) and Straw Design (Francis Lam, Etain Ho)
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。