ロンドンの街が
「藻で覆われる」日がくる!?

ロンドンの街中が「藻で覆われる」……なんて日がくるかも。先日、そう思わせる発表がありました。

イギリスの名門大学インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」技術を向上させようというもの。

先に書いた「藻」とは、藻類や植物プランクトンなどが入ったパネルのようなもので、それが太陽光を浴びると光合成をする仕組み。

©Imperial College London / Thomas Glover

大学側がArboreaを資金面などでサポートし、研究は進められます。

余談ですが、このパネルを1エーカー(約1200坪)の敷地に設置した場合、同じく1エーカーの森林と比較して約100倍ものCO2削減に繋がると伝えられています。

そんなパワーを発揮するものだからこそ、将来、ロンドンの街中……いや、世界中に(!?)この緑が広がる日がやってくるかもしれません。

Top image: © Imperial College London / Thomas Glover
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ロンドンタクシー新型モデル「TX」が日本に登場。同社初の電動化モデルであり、バリアフリーにも考慮された車両となっている。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...