水質で色が変わる「Tシャツ」で、環境破壊に警鐘を

人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?

ライフスタイルブランド「The Lost Explorer」のDavid de Rothschild氏と「The Unseen」のデザイナーLauren Bowker氏は、水質汚染を目視できるTシャツを開発し、警鐘を鳴らしています。

アルカリ性だと青、
酸性だと赤に変色

Df19c3471c24c61ead3eef58f8646323af2d9a71

彼らが作ったのは、水の状態によって色が変わるTシャツ。汚染されていない状態が紫で、アルカリ性になるほど青に、酸性になるほど赤になります。これなら、目には見えにくい水質汚染も一目瞭然。

酸性とアルカリ性のどちらも環境には悪い状態で「色の変化が極端なほど汚染がひどい」ということ。

0b873e749f77aa97bd1e440951a554b0c7b3812c

川や海のpHが高すぎたり低すぎたりすると、その中に住む水生生物に悪影響となり、場合によっては死に至ることに。さらに、すでにいる生物を滅ぼすだけではなく、生態系全体にストレスを与え、卵が孵化しなくなったり、新しい生物が生まれにくくなったり…ということにも繋がります。

水質汚染によって害を被るのは、なにも水生生物だけではありません。こうした水は人体にも悪影響を及ぼし、皮膚や内臓器官にダメージを与えうるのです。

86798d7d3660ec5d4499105fd8afbf48809957b5

染色に使われているのは、紫キャベツの成分。この「アントシアニン」が水と反応して、色が変わります。

Db828c90524e65d03d08b3a45bfa5857f30dc63e

実際の色の変化は、このような感じ。真ん中が汚染されていない色で、左がアルカリ性、右が酸性に汚れている状態です。

Tシャツの色で
地球の問題に気付く

プロジェクトに携わるDavid de Rothschild氏は、次のようにコメント。

「私たちは、自然の中の小さな変化を見落としがちです。それに気付くためのきっかけは、何も火山や嵐のような大きなインパクトである必要はありません。

Tシャツの色が変わる。それをはっきりと自分の目で確認する。それが、今世界に起きている問題に向き合う一歩になると思うのです」

Bfd0ef7d004024d93967f49eae570ca64e594f81

ちなみにこれは、ロンドンの水に触れたときの変化。元の色と比べると、青っぽく染まっているのがよく分かります。つまり、水質がアルカリ性に汚染されているということ。

あなたが住む地域の水質は、いかがでしょうか?

Licensed material used with permission by The Lost Explorer
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
どれだけ綺麗な山奥の清流でも、安心して飲めるレベルの水かどうかは分からない。それでも、なんとなくの感覚で大丈夫と判断してしまっているのが正直なところ。そこ...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。