水質で色が変わる「Tシャツ」で、環境破壊に警鐘を

人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?

ライフスタイルブランド「The Lost Explorer」のDavid de Rothschild氏と「The Unseen」のデザイナーLauren Bowker氏は、水質汚染を目視できるTシャツを開発し、警鐘を鳴らしています。

アルカリ性だと青、
酸性だと赤に変色

彼らが作ったのは、水の状態によって色が変わるTシャツ。汚染されていない状態が紫で、アルカリ性になるほど青に、酸性になるほど赤になります。これなら、目には見えにくい水質汚染も一目瞭然。

酸性とアルカリ性のどちらも環境には悪い状態で「色の変化が極端なほど汚染がひどい」ということ。

川や海のpHが高すぎたり低すぎたりすると、その中に住む水生生物に悪影響となり、場合によっては死に至ることに。さらに、すでにいる生物を滅ぼすだけではなく、生態系全体にストレスを与え、卵が孵化しなくなったり、新しい生物が生まれにくくなったり…ということにも繋がります。

水質汚染によって害を被るのは、なにも水生生物だけではありません。こうした水は人体にも悪影響を及ぼし、皮膚や内臓器官にダメージを与えうるのです。

染色に使われているのは、紫キャベツの成分。この「アントシアニン」が水と反応して、色が変わります。

実際の色の変化は、このような感じ。真ん中が汚染されていない色で、左がアルカリ性、右が酸性に汚れている状態です。

Tシャツの色で
地球の問題に気付く

プロジェクトに携わるDavid de Rothschild氏は、次のようにコメント。

「私たちは、自然の中の小さな変化を見落としがちです。それに気付くためのきっかけは、何も火山や嵐のような大きなインパクトである必要はありません。

Tシャツの色が変わる。それをはっきりと自分の目で確認する。それが、今世界に起きている問題に向き合う一歩になると思うのです」

ちなみにこれは、ロンドンの水に触れたときの変化。元の色と比べると、青っぽく染まっているのがよく分かります。つまり、水質がアルカリ性に汚染されているということ。

あなたが住む地域の水質は、いかがでしょうか?

Licensed material used with permission by The Lost Explorer
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...