「ロンドン通」ならピンとくる?街中あるある食器

古いレンガ。凸凹としたマンホールカバー。綺麗な曲線の水道管。

ロンドンの街には、素敵なデザインがたくさん。

そんなデザインにインスパイアされたセラミックアイテムが、ロンドンのホームアクセサリーブランド「StolenForm」から登場しました!

ロンドンの日常が
キッチンを彩る

StolenFormの創設者であり、デザイナーも勤めるLondon Marsdenさんは、ロンドンの街並みからデザインのヒントを得て、数々のアイテムを作り出してきました。

今回Marsdenさんが着目したのは、マンホールや水道管など、街中で見過ごされがちなものたち。マグカップや花瓶、ボウル調味料入れのデザインに、ロンドンの街を閉じ込めています。

アイテムはどれも、同ブランドのホームページから購入可能。
たとえば、缶デザインのマグカップは小サイズが16ポンド(約2400円)、大サイズが18ポンド(約2700円)、レンガの花瓶は34ポンド(約5100円)と、プレゼントにも選びやすい価格です。

陶器のつるんとした質感と、生活感のあるデザインが絶妙にマッチして、とても素敵ですよね。セットで揃えれば、ロンドンの雰囲気が部屋の中に漂うかも!

アイテムはどれも、伝統的な英国の技術で1つひとつ手作りされています。

忙しい日常の中では見逃してしまいそうな、何気ない街の風景を切り取った愛らしいデザインは、きっと日々の生活をちょっと素敵なものにしてくれるのでしょうね。

Licensed material used with permission by StolenForm, Twitter, Facebook, Instagram
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...