輪島漆500年史のなかで、もっともセクシーな器。

人肌(ひとはだ)、本来は人の肌くらいのあたたかさを指すことば。では、「ヒトハダ」とカナで書いたとき、その印象はどう変化するでしょう。赤や黒の見慣れたはずの漆器に、はじめて目にする“いろ”が現れました。

これは、
ヒトハダに一番近い食器

漆は人の肌にとても近い塗料と言われているそうで、西洋の食器と比較しても手触りや口当たりに優れているんだそう。お椀を手に持ちすする、器が口に触れる機会が多い日本ならではの気づかいが、漆器を育んできました。

けれど今、それを手にする回数はめっきり減りました。きっと年に数えるばかり。

近年顔料の進化によって青、黄色、白、紫など絵の具のように色鮮やかな漆器も目にするようになりましたが、それとて日用のイメージがつきにくい。こういう人多いと思うのです。

正直に言えば、このシリーズ「IKI - by KOHEI KIRIMOTO」だって。

生活の道具ですから、使わなければなんの意味もない。それも承知のうえで手元に置いておきたい、そんなキモチになりました。もしかしたら、現代アートを手に入れるような感覚で、私の場合「飾りたい」という衝動なのかも。

なんでも、漆は自ら呼吸するそうです。こうした生きている素材であること、そしてその感触が肌に近いという特性を生かして、新たな漆との出会いをつくり出したのは、1700年代より続く輪島塗の老舗店。いつの日か家督を継ぐ若きブランドディレクターによって刷新された、“未体験の漆”。

まだお披露目されたばかりで、今後は海外でのブランド展開も計画中とのこと。それにしても、やっぱり「セクシー」という形容が当てはまるんですよねぇ。

Licensed material used with permission by 輪島キリモト
「漆器」と聞くと、その値段もあいまって、なかなか敷居が高いイメージ。たとえば使うのも、特別なときだけだったり。でも、そんなイメージをガラリと変えてくれそう...
正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わっ...
屋外でキンキンに冷えた飲み物を楽しみたいなら、デンマーク発のアイテム「ICEBREAKER POP」が便利。どこでも簡単に氷を持ち運べる&取り出せる革新的...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
約5,000円から支援可能です。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
石川県能登半島の輪島市白米町にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。