「洋服の青山」がスーツをリサイクルした「防災毛布」を石川県・輪島市に寄贈

今月13日、震度5強の地震に襲われた石川県・輪島市

このニュースで、13年前のことを思い出した人もいたに違いない。

ちょうど13年前の今日、同市は「能登半島地震」の震源地にもっとも近い場所として最大震度6強を観測。その後も余震が長く続き、未曽有の被害を受けた。

苦い体験と教訓を将来に継承し、安心で安全な街づくりを目指すため、3月25日を「市民災害の日」と制定。その後1週間を「市民防災週間」としている。

これに際し、「持続的な成長をもとに社会貢献を目指す」を経営理念に掲げる紳士服最大手「洋服の青山」は、下取りサービスで回収した衣類から作った「防災毛布」を昨年に続いて寄贈。

以前は自動車の断熱材や荷物の緩衝剤へのリサイクルが主だったが、国内での災害が増加傾向にある事態を鑑み、2年前より毛布の生産をスタートしていた。

ほかにも、クールビズ製品を積極的に開発したり、全社で省エネに力を入れたり、梱包資材を削減するなど、環境保全を意識したさまざまな取り組みにも注力している。

寄贈された防災毛布が活躍する日が来ないよう強く願うとともに、スーツの販売に留まらない同社のさらなる展開に期待を寄せたいところだ。

Photo by iStock.com/KM6064
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

石川県能登半島の輪島市白米町にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「動きにくいし繊細だし、スーツは嫌い」という人にオススメしたい“スーツに見える作業着”、その名も「ワークウェアスーツ」をご紹介。3月17日まで「伊勢丹 立...
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...