福井県鯖江市で開催される「RENEW」は、ものづくりを見て、知って、体感するイベントだ。

「環境の変化に柔軟に対応する」

そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。

ときはリーマン・ショック直後。想定外の事態が発生し、多くの企業が決断・変革を余儀なくされたからこそ、学生側に柔軟性を求めるのも自然な流れだったのかもしれない。

でも、きっとこの能力の重要性は、人や企業に限らず街にも当てはまる。変化を続けられる街はこんなにも可能性に溢れ、人々を惹きつけるから。

変化を受け入れ、
独自の文化を醸成した街

Df6b6b59038588803304455c1c3d9cb8c9a97c2c

福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有名だ。

2ab9fcad0f401255f9d54ddc03a4c08234867557

その昔、河和田の漆かき職人たちは、全国の半数を占めたそう。東北や関東まで漆の樹液を求めて行脚しては、訪れた場所の文化や最先端の情報を持ち帰り、暮らしの中に取り入れた。

こうした歴史があるからこそ、この土地には変化を受け入れ、暮らしに合わせたものづくりや独自の文化を醸成する土壌がある。たとえば最近では、漆器の技術を応用した木製雑貨ブランドの活躍や県外からの移住の受け入れが特徴的だ。

さて、ようやく本題。

4674b365ca4e482ce9b1d1f2e87a2e9ea25aae6913234eee6339084a9c6fbc885f60121d17456ea8

そんな河和田の柔軟性を象徴するイベントが「RENEW」。普段、一般には閉ざされているメガネや漆器などの工房が公開され、職人たちの手仕事を間近で見ることが可能。ワークショップへの参加やこの地で作られた産品の購入もできるなど、今年で2回目を迎える体感型マーケットとなっている。

9aabd96830602498a018e2089a2ae39c80bd762d3f39fd6a18571738f81d947bc2595b09a69949d9

参加するメーカーの数は去年の22社から37社に増加。

D5f5b6659f445d0584b5d4ec6919446f52931e4c

たとえば、伝統的な丸物木地師としての技術を継承しながら、「価値の再定義」をコンセプトとして、木材を中心に素材・製法にこだわることなくプロダクトを製作する「ろくろ舎」。

0f76f748712685e344c744ef57b0c09ec205d2ff012422f791114a2c1de439bc9b2b34efa15e0b04

1996年にオリジナルブランド「TURNING」を立ち上げた「谷口眼鏡」や「加藤製作所」。

3abbb1310ccc0bd842dd0f679b6f5916dd6262b1

「Hacoa」は、越前漆器の木地技術を応用したキーボードや名刺入れなどを製作している。

279edd9749e49de21a6a1c09cef06c59896915f6

社会全体の価値観が「モノ」から「コト」へシフトした、なんてことが盛んに言われているが、このイベントも、そんな時代の流れを汲むものと言える。

作り手とつながる2日間

8cba94606f99daaf83d628694d56fdf39e4e26d7F18e58df7bfbc397a5a0b8f00abdfbe16e1de109

開催日は10月15、16日。生活様式の変化に対して、知恵を絞り、暮らしを考え続けてきたからこそ出会える文化がここにある。ぜひこの機会をお見逃しなく。

【概要】
RENEW
期間:2016年10月15日(土)・16 日(日)
・時間:10:00〜17:00 ※15日はナイトイベントあり(18:00〜22:00)
・場所:福井県鯖江市河和田地区一円
総合案内所:うるしの里会館
・料金:無料
・HP:http://kawada-t.jp/renew/
Licensed material used with permission by RENEW実行委員会
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...