ポップでプリミティブ!松尾たいこ個展「福馬福鳥」。

自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆皿であっても、とぼけた表情の人形であっても、自分の「すき」という視点で揃えて、それらが調和した暮らしというのはやっぱり憧れだ。松尾たいこさんの作品と対面すると、まるで松尾さんご本人と対話しているかのように、たちまち楽しい気持ちになってくる。そして、良かったら寄ってって、なんて、自分の家に招きたくなるのだから不思議である。

どんなものにも、
小さな物語がある。

F1631b50f4b781ece0036d0c7727c0191b1eecf9

松尾さんが立ち上げたブランド「千年陶画(せんねんとうが)」は、福井に通い、地域の人たちと交流を重ね、そこから越前焼きとのコラボレーションがスタートした。長くイラストレーターとして活躍されてきた松尾さんがあたらしいカンバスとして最初に選んだのは、陶板。描かれるモチーフは、フクロウやユニコーン、ネコやインコなど、かわいらしい動物ばかり。そこに夫であり、ジャーナリストの佐々木俊尚さんによる小さな物語がかさなる。

B8b00ae68438cd0c99199c75870973e7a379f181

クローバーをくわえた、ぱっちりした瞳のフクロウと、小さな物語『夜はいつも、明るい朝を待つ時間』。フクロウは夜の鳥であり、希望の鳥でもある。満月の夜、月明かりが薄雲を照らすように、そっと背中を押してくれる、やさしい作品である。

わたしだけの、
かわいい神さま。

Ed6af88dd0d5bb5e58e02ba881f471732543c1bf

縁起物として古くから親しまれてきた「だるま」は、その顔がいのちであると言われている。赤いだるまは、祈願するときに左目に目を入れ、願いごとや目標が達成されたら右目に目を入れるものだが、このシリーズは、干支の愛らしい動物たちがモチーフとなり、ひとつひとつ異なる表情が、福をたっぷりと呼ぶ。何かに挑み始める人だけでなく、自分だけの小さな神さまとして、部屋のお気に入りの場所に飾りたい。こんなだるまなら、いくつでも欲しくなる。

手の平からうまれた、
プリミティブなかたち。

F1ccc85bb97991fcbf7dc70626824095ec655956

ずっと手を動かしつづけていると、頭より先に、手の平が教えてくれることがある。もともと、埴輪や土偶などのかたちが好きだったという松尾さんが、心のままに作りあげたのは、馬や鳥といった立体物。素焼きならではの土っぽい素材感を生かし、明るくやわらかな色をかさねる。まさしく、プリミティブ&ポップの世界。ところどころ、まだらになっている釉薬もあるが、必ずしも、ととのったものが美しいとは限らないのだ。

大胆な形を取り入れた、
使うほどに育む皿。

D4ded8313380fec56451766e23ab052139635c8823814f2da8629941751aebbd0f455e4a3802a662

料理を盛る皿というものは、見て愛らしく楽しいほうがなんとなく気分がいいものである。食卓は、作り慣れた料理と、使い慣れた器で、いろどりがさびしくなりがちであるから、その雰囲気を和らげるべく、こんな大皿を並べてみたい。使うたびに洗って、その都度変化していく風合いを楽しむうちに、きっと手放せないものになるだろう。これこそ、越前焼の魅力である。食卓は、ほんのりと色気が加わって、きっとゆたかなものになる。

052f4c810a21d1cf7ee91b0ad5a85d5967f3a22e

手のひらで触ると、ちょっとしたざらつきや、貫入(ヒビ)など、ひとつひとつ表情が異なるのが陶器の魅力であると思う。「絵は、額に入れて眺めるものだから、触れることができない。」イラストレーターとしてさまざまな絵を描いていた松尾さんが、自分で想像しながら描くということに飽きはじめていた矢先、出会ったものが、陶器だった。焼きあがるまで、どんなふうに出来上がるのかわからない。その想像のつかなさが自由で楽しい雰囲気を生みだす。松尾さんの「すき」は、めぐり巡って、私たちの「すき」へとつながっていく。

松尾たいこ個展「福馬福鳥」
会期:2016年11月11日(金)〜23日(水・祝)
時間:11:00〜19:00(最終日は18:00まで) 
休:木曜
場所:ギャラリースピークフォー

Licensed material used with permission by TAIKO MATSUO ART-WORKS
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
インドと中国の間にあるブータン。経済的には決して豊かとは言えない国ですが、2005年の国勢調査では国民の97%が「私は幸せである」と答えています。現在、東...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
昨年末に発売され大きな反響を呼んだ、サッポロビールの「ヱビス めでたい缶」。年末年始にぴったりの名を持つそれは、飲み頃の温度をデザインの変化で教えてくれる...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...