ビートに合わせて奏でるエアドラム…LA発の「エンタメ系ワークアウト」

大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨エクササイズ事情のキーワードになっているのが、「楽しく体を動かす」こと。そして、女性が一人でも気軽に参加できる「環境づくり」だ。

ちなみに、日本上陸後と同時にブレイクしたこの2つは、いづれもNY発。だが、西海岸だって負けてない。次なるエンタメ系ワークアウトは、間違いなくこの「POUND」だろう。

ワークアウト × エアドラム
音に合わせてビートを刻め!

ここ数年、LAで話題沸騰中のPOUNDに用いるのは、このドラムスティック。といっても実際に楽器を叩いていてはフィットネスにはならない。ドラムを叩く動きを取り入れ、“エアドラム”とワークアウトを融合させた新感覚のワークアウト、それがPOUNDだ。

もちろん音楽がなければ始まらない。ロックにラップ、ポップス、オールドスクールと、あらゆるジャンルのハイテンションなリズムに合わせて床を叩いたり、スティック同士を打ち鳴らす。それもちゃんとカラダを鍛えながら。

リズム感があるかないかなんて関係なし、大切なのはいかにカラダ全体を動かして、楽しむかにあるのだから。

見た目以上の有酸素運動、
45分間のレッスンで
平均800キロカロリー消費

女性たちが手にしているドラムスティックは、そもそもがPOUND用の特注品。もちろん、一般的なスティックよりもさらに重い設計だ。これがハードな理由?そう解釈するのは早計。

重さよりもむしろ、ひたすらエアドラムしまくる45分間が“良い運動になる”らしい。有酸素運動をキープし続けることになるからだ。1回のレッスンで消費するカロリーは平均800キロカロリーほど。これは体重52kgの女性が、2時間40分ランニングするのと等しい運動量だというから、いかにこちらがタフかが分かるはず。

一説には、1レッスンで10,000回以上スティックを叩くとか。マジ!?

日本上陸間近!?
DVDで先取りもアリ

アゲアゲな曲に合わせて一心不乱にビートを刻んでいく。それも、二の腕だけでなく、カラダをひねる動きから、腹筋、背筋、全身をくまなくシェイプアップできるのだから。音に乗る楽しみもプラスされ、ストレス発散にも良いに決まってる。

2011年のスタート以来、全米ですでに8,000人近いインストラクターを排出していることからも、近いうちに間違いなく日本にも上陸してくるはず。

その前に、“さわり”だけでも体感したい人のため、ワークアウトDVD(5枚)とスティックがセットになった「スターターキット(約9,900円)」もオンラインで購入可能だ。

Licensed material used with permission by POUND
他の記事を見る
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...