日本のかわいいおみやげ#7 福岡の唐辛子抜き「お子さまめんたいこ」

福岡に住んでいる親戚が、遊びに来るたびに持って来てくれていた「辛子明太子」。大喜びしている大人たちをよそに、当時小学生だった私は「見た目がこわい」「辛い」なんて感想を抱いていたのはここだけの話。

もしそのお土産が、福岡の「お子さまめんたいこ」だったなら、パッケージで微笑む女の子につられて「食べたい!」と、飛びついていたのかもしれません(※大人になった私は、辛子明太子好きです)。

子どもや辛いものが苦手な人に
ぴったりの明太子

© 稚加榮

「お子さまめんたいこ」(100g入り864円・税込)は、出汁が効いた唐辛子抜きの明太子。お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったりで、おにぎりの具やパスタなどに活躍してくれそうです。

こちら、かわいくてゆるめな見た目とは裏腹にかなりの本格派。美味しさやプチプチ弾ける食感はもちろんのこと、「チューブを絞ったときに余分な汁が出ないように」「粒がきれいに出るように」などと、細部までこだわって作られています。というのも、販売元の「稚加榮(ちかえ)」は昭和36年(1961年)創業の博多料亭。同店の商品は“料理”という観点で考えられたものばかりです。

一切妥協しない
料亭の味を家で

© 稚加榮

「稚加榮」は、昭和59年(1984年)に辛子明太子の製造を開始。以来「作るなら、一番いいものを」の信念で、採算度外視で納得いく味を追求しています。たらこは北海道産のみを使用、味付けに使用するお酒は地元の醸造元に特別発注など、一切妥協を許さない“料亭の味”を楽しむことができます。

今回紹介した「お子さまめんたいこ」は、同店唯一の辛子抜き明太子。ゲットできる場所は、福岡市の「稚加榮本舗」や北九州市の「本舗 小倉売店」、ほか福岡空港や北九州空港など。オンラインショップからも購入できます。

「稚加榮本舗」
住所:福岡県福岡市中央区大名2-2-19
TEL:0120-174487
営業時間:9:00〜21:00(電話受付は18:00まで)
定休日:正月のみ
公式HP:http://chikae.co.jp/
※販売店と料亭は別 ※小倉店もあり

Top image: © 稚加榮
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...