日本のかわいいおみやげ#17 静岡・熱海のラングドシャ「ネコの舌」

「熱海に行ったら必ず買っちゃう」

という人がいて、ずっと気になっていたお菓子があります。それは静岡・熱海で創業70年の老舗洋菓子店・三木製菓が作っている「ネコの舌」という名前のクッキー。

「ネコ」と聞けば猫のパッケージを想像してしまいますが、この商品のパッケージ、なぜか「ネズミの家族」が描かれているんです。大きなケーキを、なにやら楽しそうに運んでいます。

口に入れた時の舌触りが
まさに“猫の舌”?

©2019 NEW STANDARD

じつはこのイラストは、知り合いの画家の方が、三木製菓の「創業者家族」を描いたものなんだとか。でも、どうしてネズミなのでしょう?それは、「創業者の奥さんが、子年だったから」。難しい背景でもなんでもなく、なんともほっこりするエピソードでした。

そうすると次に気になってくるのは「ネコの舌」という商品名。このお菓子は、フランスの伝統的な焼き菓子である「ラングドシャ」という薄焼きのクッキーなのですが、そもそもこの「ラングドシャ」は、フランス語で「langue(舌) de(冠詞) chat(猫)=猫の舌」という意味。三木製菓の先代が、それを訳してこの商品名が出来たんだそうです。

また、口に入れた時の舌触りもまるで「ネコの舌」。新鮮なバターと卵をたっぷり使ってシンプルに作っているというラングドシャは、サクサクとした歯ざわりが気持ちよくて、一度食べ出すと止まらなくなってしまうという人もたくさん(私の知り合いは、一日で130グラム入りを2袋完食したそうですよ)。

2020年、子(ネズミ)年の
お土産はこれで決まりですね

©2019 NEW STANDARD

お店は、相模湾がすぐそばのところにあって、熱海へ温泉旅行に行く人や、夏では海水浴に行く人も多い場所です。熱海は、人も街ものんびりしていてとってもいいところ。そこで地元の人たちに長く愛されてきた三木製菓で作られるお菓子は、紹介したネコの舌以外にも、リーフパイやバームクーヘンも美味しそうです。ショートケーキやシュークリームも買ってしまいそう……。

「ネコの舌」は、本店のほか、駅前第一ビル店、JR熱海駅の駅ビル「ラスカ熱海」の熱海ブランドコーナーでも取り扱いがあります。オンラインショップでも。

2020年は子年。パッケージにかわいいネズミ一家が描かれた「ネコの舌」は、来年一番ホットなお土産になるかもしれません。

「三木製菓 本店」
住所:静岡県熱海市渚町3番4号
TEL:0557-81-4461
営業時間:9:30〜18:00
定休日:毎週木曜、第一日曜、第三水曜
公式HP:https://www.mikiseika.com/index.html

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
ゲーム大国である日本でのオリンピック開催に伴って、史上初の“eスポーツのオリンピック”がいよいよ開幕!
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
東京近郊の観光地といえば、熱海・箱根。この記事では、Go To トラベルを使っていける、ホテルをご紹介。ただ寝るだけで終わらない、「特別な体験」ができるホ...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
乙女心をくすぐるお土産、石川・金沢の老舗和菓子店・諸江屋の「オトギクヅユ」。体を温めてくれて、滋養にもいい「葛湯」が、版画風のおとぎ話が描かれた小さな箱に...
11月1日、「熱海の奥座敷」と呼ばれる熱海市小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI」が開業。
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...