夏の2ヶ月だけ上陸できる楽園ビーチ「水島」

1年のうち、2ヶ月間だけ人を迎え入れる美しい島を知っていますか?

10ヶ月の間沈黙を保つ、自然に囲まれた無人島。そこに広がるのは、太陽光を反射してキラキラ光る白い砂浜と、どこまでも続くエメラルドグリーンの海。透明度の高い水面からは色とりどりの魚を見ることができ、自分が日本にいることを忘れてしまいそうになる…。そんな場所が、福井県にあるのです。

そこは、水島。「北陸のハワイ」とも呼ばれる島です。

青い海を堪能して
のんびりとした休日を

Fa8d7dead5a1c1e8da513a425b33e9bd4182a001

約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。

その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと見える水辺が、どこまでも続いています。深い場所に足を取られる心配もなく、子どもも安心して海水浴を楽しめそう。

まさに「楽園」という言葉がよく似合います。

無人島ならではの
「非日常」

F50e667aa1d014a87623bf8448ab1b044f34bef6Ab28ae64ce75c9788ebdbc00e6818c213760e55e

水島は無人島なので、売店や自動販売機などはありません。食料や水分はしっかり準備していきましょう。

大がかりなテントは禁止されていますが、日差しを避けるものが少ないのでビーチパラソルなどがあると便利。日焼け止めもお忘れなく。

めいっぱい遊びたい人は
朝イチに上陸を

95c0612b606fc6716024e104bc288837db1c1c0a

水島へのアクセスは、色ヶ浜から運航される船のみ。2017年の運航期間は、7月8日〜8月31日の約2ヶ月間。

船の料金は大人(中学生以上)1,200円、子供650円で、色ヶ浜発は9:00〜15:30まで1日7回運航。水島発は9:20〜16:00まで、こちらも1日7回の運航。

片道約10分ほどなので、9:00の便に乗れば朝から夕方までたっぷりと海水浴を楽しむことができます。

4356e32548885664eb98b2f51ee19510349dd306

かつて、色ヶ浜からこの美しい海を見た松尾芭蕉は「寂しさや須磨にかちたる浜の秋」と詠みました。秋になればまたひっそりと沈黙し、幻の場所となる水島。

その静寂が訪れる前に、夏にしか出会えない美しい海で、家族やカップルと最高の思い出を作りませんか?

Licensed material used with permission by 敦賀観光協会
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
ハワイ・ホノルル、海水浴客で賑わうはずのワイキキビーチから人影が消えた…。2015年8月23日から24日(現地時間)にかけて、ホノルル市内を大雨が襲った。...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...