【鎌倉・稲村ヶ崎】「会員制ビーチハウス」で過ごす、ちょっとだけオトナな夏

もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると多くの人が訪れます。

加えて、両者を結ぶ江ノ島電鉄沿線も見どころ満載。七里ヶ浜駅なら「bills」や「珊瑚礁」「Pacific DRIVE-IN」などがあまりにも有名で、大仏や長谷寺がある長谷駅もテッパン。そうそう、極楽寺駅だって少し前は人気ドラマのロケ地として脚光を浴びましたよね。

でも、それらの間に位置する「稲村ヶ崎駅」を忘れていませんか?沿線の他の駅と比較すると知名度が劣る感は否めませんが、それらにも負けない魅力を秘めているんですよ。

江ノ島と富士山を、同時に楽しめる!

サザンオールスターズの桑田佳祐が初監督を務めた映画『稲村ジェーン』でも注目された稲村ヶ崎。江ノ島から少し離れたこの場所は、比較的観光客が少ないエリア。

それでも、葉山や江ノ島の花火大会がバッチリ楽しめるほか、天気がイイ日は江ノ島と富士山を同時に眺められます。夕焼けだってこの通り。ね、ちょっとオトナな雰囲気でしょう?

しかもこの夏、そんな“隠れ家的ロケーション”に……、

期間限定のビーチハウスが誕生!

2016年7月~10月限定でビーチハウス「INAMURA BLUE 2016(イナムラブルー)」がオープン。トレードマークは、「階段」をコンセプトにデザインされたカフェスペース。太平洋のパノラマが目の前に広がり、日常では味わえない景色を見ながら、友人や大切な人と贅沢な時間を過ごせそう。

海との相性がバツグンなアコースティックライブが開催されたり、人気アパレルブランドのポップアップショップもオープン予定。

この「INAMURA BLUE 2016」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金を調達中。支援した人にのみ予約の権利が与えられる「会員制ビーチハウス」で、ウェルカムドリンクや飲食代金の割引券もついているのだとか。

ちなみに、期限まで約1ヶ月を残しながら、目標金額を大きく上回る調達に成功。期待値の高さが伺えます。

今夏は、七里ヶ浜でも長谷でもなく稲村ヶ崎で、ちょっとオトナな夏をどうぞ!

Licensed material used with permission by Makuake
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...