沖縄でしか味わえない音楽とサンセットの「ビーチパーティ」

7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。波音に混じって流れるスローテンポなサウンド、自然と音楽が一体となる時間。今年も“極上のチル”が、沖縄の海とひとつに溶けあいました。

自然と音楽の融合を楽しむ
スロウな1日がはじまる

サンセットを眺めながらおいしいビールと音楽を楽しむ」、3年目を迎えた今年も会場となったのは、沖縄の「美らSUNビーチ」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上がった2日間を駆け足で紹介します。

 

この日ばかりは定番コロナもフェス仕様にデコレーション。このほかオリジナルのビアカクテルも。

【13:00pm(Day1)】
ワークショップで
オンリーワンのカスタマイズ

フェスTのカスタムブースは今年も大人気。カットして、縛って、色とりどりのビーズをあしらって、オンリーワンのカスタムTは、涼しくなってきたサンセット後まで大活躍でした。

【13:00pm(Day2)】
マーブルを着る、という新感覚
「ボディマーブリング」

長〜い列をつくっていたのが、「ボディマーブリング」を初めて日本に紹介した「Dirty Workers Studio」とのコラボショップ。アクリル塗装に腕や足を浸し水圧転写させることでつくりだすマーブル柄のボディペイントが、フェスファッションをさらに盛り上げます。

【14:00pm(Day1)】
10年ぶりの活動再開
DUBSENSEMANIA

この春10年ぶりに活動を再開した「DUBSENSEMANIA」は、Day1のクラウンステージに登場。軽快なジャパニーズ・レゲエの横ノリがキモチいい!

【15:00pm】
ハンモックに揺られてひと休み

人ごみに疲れたらそのまま浜辺にゴロンできるしあわせ。昨年より拡充した「チルアウトスペース」は、より快適で、ゆる〜く音とお酒を楽しめるようになっていました。

木かげで涼を感じられるおなじみのハンモックもあれば、砂浜にはあの空中に浮くテント(テントサイル)がお目見えするなど、ファシリティも充実。

【17:00pm】
たっぷり踊ったあとは、
火照った体をシャワーでクールダウン

【18:00pm】
渡嘉敷島の向こうに落ちる
大っきな夕陽とチルタイム

お待ちかねのサンセットタイム。この時ばかりは多くの人が砂浜に腰を下ろして、燃えるような太陽が沈んでいくのを眺めていました。潮風に乗って心地よく流れるサウンドもいい。

【19:00pm】
ビアカクテルで細胞に点火

網膜の奥まで染み込むくらい真っ赤な夕日を見送ったあとは、ビアカクテルで再び交感神経にエネルギーを注入します。

【20:00pm】
ボルテージも最高潮!

グローバルシーン大注目のDJデュオ「CLASSIXX」によるプレイから、「HOLY GHOST!」のエレクトロポップへの流れ、オーディエンスのボルテージも一気に高まりました。

【21:00pm】
大トリはサカナクション
そして…南の島の夜がふける

2日間にわたるサンセットフェスに出演した、のべ22アーティストの大トリを務めた「サカナクション」。生歌でも届きそうなこの距離感こそ、中規模なサンセットフェスもうひとつの醍醐味です。

縦ノリの大規模フェスとはひと味違う、ちょうどいい「ゆるさ」にハマる人が増えてきたことを地肌で感じる2日間でした。来年の夏フェスの幕開けは南の島からってのもいいんじゃない?

Photo by @shogo_insta
Licensed material used with permission by Corona Sunset Festival
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...