沖縄でしか味わえない音楽とサンセットの「ビーチパーティ」

7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。波音に混じって流れるスローテンポなサウンド、自然と音楽が一体となる時間。今年も“極上のチル”が、沖縄の海とひとつに溶けあいました。

自然と音楽の融合を楽しむ
スロウな1日がはじまる

5fed56a4c82dc1dd391c4b793ca38285e6a23dd8

サンセットを眺めながらおいしいビールと音楽を楽しむ」、3年目を迎えた今年も会場となったのは、沖縄の「美らSUNビーチ」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上がった2日間を駆け足で紹介します。

 

F3f258f67251580c841ec2c812b88634aa864e9f42a0d7620af0bb60fa3c5f54d97de2bd3e505346

この日ばかりは定番コロナもフェス仕様にデコレーション。このほかオリジナルのビアカクテルも。

【13:00pm(Day1)】
ワークショップで
オンリーワンのカスタマイズ

2b81e1bbe000356397bc922e956d8af1110459e38392ece627ab18c88b0bb88b6b16e1006e6cc0c4

フェスTのカスタムブースは今年も大人気。カットして、縛って、色とりどりのビーズをあしらって、オンリーワンのカスタムTは、涼しくなってきたサンセット後まで大活躍でした。

【13:00pm(Day2)】
マーブルを着る、という新感覚
「ボディマーブリング」

A77428e278d65afe43a1e4b6910c4a915be2f6c2F42bb1e925b9c875913e50a801cae6d3ef692d7d

長〜い列をつくっていたのが、「ボディマーブリング」を初めて日本に紹介した「Dirty Workers Studio」とのコラボショップ。アクリル塗装に腕や足を浸し水圧転写させることでつくりだすマーブル柄のボディペイントが、フェスファッションをさらに盛り上げます。

【14:00pm(Day1)】
10年ぶりの活動再開
DUBSENSEMANIA

Db15a4f3914f119d55f0cfc38bcebc3ab4974afb

この春10年ぶりに活動を再開した「DUBSENSEMANIA」は、Day1のクラウンステージに登場。軽快なジャパニーズ・レゲエの横ノリがキモチいい!

【15:00pm】
ハンモックに揺られてひと休み

Fa9dbe512dc598f709f03484310e649640ef0b1a0abe27f50709a85dcd33b670a381a09c984ca5e9

人ごみに疲れたらそのまま浜辺にゴロンできるしあわせ。昨年より拡充した「チルアウトスペース」は、より快適で、ゆる〜く音とお酒を楽しめるようになっていました。

木かげで涼を感じられるおなじみのハンモックもあれば、砂浜にはあの空中に浮くテント(テントサイル)がお目見えするなど、ファシリティも充実。

【17:00pm】
たっぷり踊ったあとは、
火照った体をシャワーでクールダウン

4e6ac7f9221daa820ab9dc7bc0572ff85a2d249a4968ae709a60635886ebba1b846b8c2809edc353

【18:00pm】
渡嘉敷島の向こうに落ちる
大っきな夕陽とチルタイム

Eeaa9e8865e193d428b8fc13ebb112e0821254d1A250ba389c807a50c4b7314c70831a2e7b63a334

お待ちかねのサンセットタイム。この時ばかりは多くの人が砂浜に腰を下ろして、燃えるような太陽が沈んでいくのを眺めていました。潮風に乗って心地よく流れるサウンドもいい。

【19:00pm】
ビアカクテルで細胞に点火

557390083b61b34e8c7e2441cd09ed2a549f5bf9

網膜の奥まで染み込むくらい真っ赤な夕日を見送ったあとは、ビアカクテルで再び交感神経にエネルギーを注入します。

【20:00pm】
ボルテージも最高潮!

F29ede138bf6174bc088f4a66a012178c7f0efc2

グローバルシーン大注目のDJデュオ「CLASSIXX」によるプレイから、「HOLY GHOST!」のエレクトロポップへの流れ、オーディエンスのボルテージも一気に高まりました。

【21:00pm】
大トリはサカナクション
そして…南の島の夜がふける

Cfbebbfa8bee988580df40e84eb8b67672f1f7ee

2日間にわたるサンセットフェスに出演した、のべ22アーティストの大トリを務めた「サカナクション」。生歌でも届きそうなこの距離感こそ、中規模なサンセットフェスもうひとつの醍醐味です。

縦ノリの大規模フェスとはひと味違う、ちょうどいい「ゆるさ」にハマる人が増えてきたことを地肌で感じる2日間でした。来年の夏フェスの幕開けは南の島からってのもいいんじゃない?

Photo by @shogo_insta
Licensed material used with permission by Corona Sunset Festival
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
2度目の開催なるか!? 大ピンチのクラウドファンディング中、FRUEは5月20日のAM2時に“呼びたいアーティスト”を集めて夢のプレイリストをつくった。資...
ビール会社CORONAがNPO団体Parley for the Oceansと連携。メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアの島で、プラスチッ...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...