砂が付着せず、水を通さない「最強のビーチタオル」が登場。夏はまだまだ終わらない!

「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備える驚きの機能が、砂浜でのジレンマを解消するものとして話題に。

なんと、一切砂が付着せず、完全防水。

まずはこの検証の様子をチェックしてみてください。正直、想像していた以上にスゴイ!

検証01.
「砂が付着しない」

はじめに、通常タオルの場合。

まあ、そりゃこうなるでしょう……。でも、サンドゥサビーチタオルの場合は、

この通り!

まったく付着せず!

検証02.
「水を通さない」

スマホを置いて、サンドゥサビーチタオルで覆います。

ペットボトルの水を投下。通常のタオルならびちゃびちゃですが、

濡れている気配はまったくなし!

高級コットン生地となめらかなナイロン製の裏地がその秘密。

だからこそ、何も気にせずビーチに敷けたり、

腰に巻いてクルマに乗り込めたり!これって地味に嬉しくないですか?

カラーはこちらの4色展開で価格は49.95ドル(約5,100円)。機能的なうえに夏にぴったりの明るい色合い。購入はコチラから。夏はまだまだ終わりませんよ!

Licensed material used with permission by Sandusa Beach Towels
他の記事を見る
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
カタチとしてはとくに珍しくなくって、同じようなモノは結構ある。ただ、なぜか派手な柄が多いのだ、このフーデッドタオルってやつは。
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
34cm✕120cm。このサイズがいいんです。
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。