ペグではなく「砂」で固定するビーチ用タープ

ビーチで欠かせない日よけ対策。その手段はいくつかある中、ここではタープに絞って話をしよう。

開放的で風通しが良い反面、最大のネックとなるのが「ペグ」。荷物としてかさばるし、それなりのモノを買わないと折れてしまうことも。そしてなにより、強い風が吹くと、まぁ〜すぐに抜けてしまう。

それなら、ペグを使わずにタープを張ったらどうだろう?

3ステップで
楽々セットアップ

「Sombra Shade」の特徴は、ペグの代わりとして「砂」を用い、その重さで固定できること。それでいて開発元は「3ステップの楽々セットアップ」を押し出している。

この手のプロダクトって、簡単だとか書いてあっても、実際は眉唾ものだったり。でも、これは、本当に楽勝っぽい。

01.
ファブリックを拡げる 

02.
砂を詰め込む

03.
ポールを立てる 

たったこれだけ。組み立てにかかるのは、2分以内とのこと。これで随分と、時間も労力も簡略化されるはず。

素材は、ストレッチがきくライクラ。98%のUVカットを誇る。

カラバリは、マゼンダ、オレンジ、ブルー、ピンク、サックスブルーの全5色。どのカラーも鮮やかで、ビーチ映えするのは間違いないはず。値段は89ドル(約9,800円)。このスペックなら、コスパが高いといえそう。

コレは欲しい!と日本へ送付可能かを問い合わせてみた。答えはOK。が、最低ロット数が300とのことで、現実的ではないのよね。(残念!)アメリカ在住の友人がいるなら、そちらの友人経由で購入することをオススメする。

最後に動画を。設置よりもスピーディーな撤収シーンは要チェックだ!

Licensed material used with permission by Sombra Shade
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...