ビーチに捨てられた「ゴミ」で、無料のジムを作り上げた英雄

Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。

何よりも海が大好きなAlcindoさんは、ビーチにたくさんのゴミがあることに悩んでいました。

大好きなビーチに
捨てられたゴミたち

カーボヴェルデの美しいビーチは、人気の観光地。綺麗なビーチを保つことは、地元の人たちにとって大切なことです。

観光客が来るからこそ経済が回り、人々に仕事があるのです。でもゴミが捨てられていたら、その魅力は落ちるばかり。

もうひとつの悩み

またAlcindoさんには、もうひとつの悩みがありました。それは、気軽に体を鍛えに行ける場所がないということ。

エクササイズは大好きですが、トレーニングジムは高級で通えません。彼に限らず、周りにはそんな人が大勢いました。

ゴミを再利用した
手作りジム

そんなAlcindoさんは、2つの悩みを一気に解決。砂浜で拾い上げたゴミを使い、ビーチにジムを作りあげてしまったのです。

太陽、砂浜、そして海。自然のなかで気持ち良くトレーニングができるジムを、無料で地域の人たちに解放しました。

「トレーニングをして、汗をかいたらそのまま海に飛び込んで…。そうやって、一日を終えるんだ」

そんなAlcindoさんは、このジムをより良いものにしようとクラウドファンディングをスタート。

「僕の夢は、このジムを今よりもう少しだけ良くすること。カーボヴェルデの人たちのためにも、観光客のためにも。もっと見栄えのいいものにしたいんだ。クリエイティブの力さえあれば、より良い世界を創ることができるんだって、みんなに伝えたいよ」

Licensed material used with permission by TUD DRET
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...