ビーチに捨てられた「ゴミ」で、無料のジムを作り上げた英雄

Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。

何よりも海が大好きなAlcindoさんは、ビーチにたくさんのゴミがあることに悩んでいました。

大好きなビーチに
捨てられたゴミたち

カーボヴェルデの美しいビーチは、人気の観光地。綺麗なビーチを保つことは、地元の人たちにとって大切なことです。

観光客が来るからこそ経済が回り、人々に仕事があるのです。でもゴミが捨てられていたら、その魅力は落ちるばかり。

もうひとつの悩み

またAlcindoさんには、もうひとつの悩みがありました。それは、気軽に体を鍛えに行ける場所がないということ。

エクササイズは大好きですが、トレーニングジムは高級で通えません。彼に限らず、周りにはそんな人が大勢いました。

ゴミを再利用した
手作りジム

そんなAlcindoさんは、2つの悩みを一気に解決。砂浜で拾い上げたゴミを使い、ビーチにジムを作りあげてしまったのです。

太陽、砂浜、そして海。自然のなかで気持ち良くトレーニングができるジムを、無料で地域の人たちに解放しました。

「トレーニングをして、汗をかいたらそのまま海に飛び込んで…。そうやって、一日を終えるんだ」

そんなAlcindoさんは、このジムをより良いものにしようとクラウドファンディングをスタート。

「僕の夢は、このジムを今よりもう少しだけ良くすること。カーボヴェルデの人たちのためにも、観光客のためにも。もっと見栄えのいいものにしたいんだ。クリエイティブの力さえあれば、より良い世界を創ることができるんだって、みんなに伝えたいよ」

Licensed material used with permission by TUD DRET
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...