「ストローはもう使わないで」心が痛むYouTubeからのメッセージ

「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」

テキサスA&M大学で海洋生物学を学ぶ大学院生チームはコスタリカでの調査の途中鼻の中に何かが詰まったヒメウミガメのオスを発見した。

呼吸が困難な状態だと判断した彼らは、近くに動物病院がないこともあり設備や道具もままならない船上で、ペンチを使って詰まった“何か”を引き抜くことにした。その痛々しい様子には、つい目をそむけてしまう。

※閲覧注意:血が流れるシーンがあります。

当初は寄生虫か何かと思ったそうだが、抜き取ったものはプラスチック製の「ストロー」だった。

海を泳いでいる際に飲み込んだあと、吐き出そうとして誤って鼻腔に入ってしまったのではないか。とコメントにはある。大量の血が流れはしたものの、塗り薬を塗った後すぐに血は止まり、無事海へと戻ったそうだ。

海洋ゴミによって傷を負う生物は少なくない。動画をアップロードした Christine Figgenerさんは、クラウドファンディングサイト「Go Fund Me」でそう指摘している。

Licensed material used with permission by YouTube/COASTS

2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...