NASAが追跡!海に浮かぶゴミが集まる場所とは?

NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。これは、定期的に調査用のブイを海へと放ち、海洋ゴミがどう流れていくのかを35年間にわたり検証・調査したもの。

動画上の白い点の動きがゴミを表しており、世界のどの海域にゴミが集中しているのかを見ることができます。

ゴミベルトと呼ばれる
5つの海域

継続的に放流されたブイの中には、海を流れているうちに壊れて沈んでしまうものもあります。しかし、その流通経路のパターンを分析すると、どこにゴミが集まっていくのかがはっきりと見えるといいます。

流通経路を可視化した画像

ゴミベルトと呼ばれる 5つの海域ゴミベルトと呼ばれる 5つの海域

世界全体に散らばる白い点は、どこへ流れ、どこで消失していくのか。エリアを大きく分けたものが上記の図です。ゴミベルトと呼ばれる5つのエリアが浮き彫りになりました。

海洋生物はもちろん
人間への影響も

ゴミベルトと呼ばれる 5つの海域ゴミベルトと呼ばれる 5つの海域

この画像の小さな粒がそれぞれペットボトルや、ビニール袋、その他様々な海洋ゴミの存在を表しています。さらに、消えていくブイが意味するゴミの行方も注目するべき点の一つ。

プラスチックゴミは、海流の波や紫外線などの影響により、マイクロプラスチックと呼ばれる破片や粒子へ変化することが問題視されています。

海洋生物はもちろんのことですが、食物連鎖などを経由して人間にもその影響が及ぶことは十分に考えられます。

Licensed material used with permission by NASA


関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。