今日は、世界が「海」とつながる日(6/8)

「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれるこのもうひとつの海の日を、世界の人々はどう過ごしているのでしょう。

海を身近に感じ、お祝いする一日

2009年、国連によって制定された「World Oceans Day」、この日は海の恩恵をみんなで祝う日。学生、コミュニティ、サーファーやダイバー、アングラーなど、海を愛する人々が、世界100カ国以上でさまざまななイベントを企画し、海を身近に感じる一日を過ごしているようです。

例えば昨年は、各国の教育機関と水族館が連携し、浜辺のゴミ拾いに参加したり、ウミガメの保護や海洋生物についての勉強会を開催するなど、教室では学べないリアル体験を楽しみました。

中国ではサメをかたどってビーチに人文字をつくったり、セネガルでは魚になりきってダンスをしたりする姿も。と、これだけ見てもお祭り気分が伝わってきますが、ただ楽しむだけでは意味がない。

海についていまいちど想いを馳せ、自分たちの生活にどれだけ影響しているのかを、さまざまな体験をとおして学ぶこと」、年に一度だけ、海と本気で向き合うことがWorld Oceans Dayのモットーだから。

海を身近に感じることで
見えてくるものがある

メキシコを訪れたとき、ティフアナのビーチで鼻をつくたくさんのゴミを目にしたことがあります。中国語やハングルに混じって、よく知る言語がそこに書かれている。この広い海がひとつにつながっていることを実感した瞬間です。と同時に、このゴミを出しているのは……。

もちろん、イベントは日本でも開催される予定。自分たちが暮らす町からいちばん近い海でも、きっとビーチクリーンはじめ、趣向をこらしたアクティビティがあるはずです。

海とのつながりを、あらためて考えるきっかけになるかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by World Oceans Day

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。