世界では「ゴミ拾いを楽しむ」流れになっている

ゴミ拾いとランニングを掛けあわせたスポーツ「プロギング」が急速に広がっていった2018年後半。北欧発のトレンドはヨーロッパだけでなく、海を渡って北米にも浸透し、日本でも小さな動きが出てきました。世界中でゴミ拾いを楽しむ流れになっているんですね。

フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。

楽しみ方は、プロギングのようにシンプルで、カヤックに乗ってゴミを拾うというもの。出場チームの中で一番多くゴミを拾ったチームが勝者に。タイムを競うワケではありません。

地中海でも海洋ゴミ問題は深刻化していて、少しでも早く解決するためにこのコンテストを開催することにしたそうですよ。

©Le Grand Defi, Sauvage-Med
Top image: © iStock.com/bowdenimages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。