熱中しているのは、どれだけ上手に「ゴミ」をつくれるか。

なんでこんなモノを?一目見て、そう思わずにはいられなかった。

<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきたゴミをセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。芸術学校の指導者でもあり、アメリカで数々の賞を獲得している。

世の中にはすこし変わった人がいるもので、彼はこれらを「ストーリーの具現物」だと言い切る。

いつかの子犬の家

滲んだ青春時代

「角」の快感提供済み

飼い主の忘れ物

厨房からの逃亡者

カベに鬱憤を描いた残骸

誰かを助けたあと

浮かんできたのは、河原沿いの乱雑に生い茂った雑草のなか。ああいう場所は“宝庫”だったりする。

すべてが意図的に捨てられているとは限らない。うっかり置き忘れてしまったもの、気づかない間に落としてしまったもの。どこかのタイミングで、必要とされてつくられたはずのそれらは、「ゴミ」という名称に変わる。

世の中にあるほとんどのモノが、最後はそう呼ばれて袋詰めされるでしょう。だから、彼にとっては、「ゴミ」が一番面白いのだ。

Licensed material used with permission by Tim Kowalczyk
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...