【これは欲しい】ゴミを入れると、可愛くなる「ハロウィーン専用ゴミ袋」

いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加してはどうでしょう?

拾って、詰めて
カボチャを持ち歩こう

スクリーンショット 2015-10-21 17.49.45

写真の中でみんなが手にしているコレ、じつは“ジャック・オ・ランタン”柄のゴミ袋なんです。ゴミを詰めれば摘めるほど膨らんで…。最後には、オバケのかぼちゃが仮装アイテムのひとつになる。つまり、仮装パーティーを楽しみながら、ついでに街をキレイにしちゃおう!という訳。ナイスアイデアでしょ。

「Let'sゴミゼロ!」
あの人も応援

スクリーンショット 2015-10-21 17.50.20

かぼちゃのゴミ袋で“世界一クリーンなハロウィーンへ!”。これは、東京都が各ハロウィーンイベントの参加者に、ゴミを持ち帰ってもらおうと企画した「HALLOWEEN & TOKYO」プロジェクト。このかぼちゃのゴミ袋を、都内のイベント会場を中心に約30万枚無料配布するそうです。
スペシャルサポーターを務めるのは、365日ハロウィーンのようなカワイイ衣装のきゃりーぱみゅぱみゅ。やっぱり、この人をおいて他にいませんよね!

パンパンのかぼちゃで
東京をオレンジ色に!

スクリーンショット 2015-10-21 17.47.25

パーティー気分を楽しみながら、翌日は地域に暮らす人たちを驚かすんじゃなく、喜ばしてあげましょう。みんながHAPPYになれる、かぼちゃのゴミ袋は10月30日、31日の両日、以下のエリアで配布が決まっています。

【六本木配布エリア】
・六本木交差点付近:10月30日、31日14:00〜22:00
・東京ミッドタウン交差点前付近:10月30日、31日14:00〜22:00

【渋谷配布エリア】
・道玄坂交差点付近:10月30日、31日12:00〜20:00
・JR・京王井の頭線の道路橋下:10月30日、31日14:00〜23:00
・JR渋谷駅南口モヤイ像前:10月30日、31日14:00〜23:00

【新宿配布エリア】
・新宿駅東口交差点付近::10月30日、31日14:00〜23:00
・JR新宿駅東南口広場:10月30日、31日14:00〜23:00

【秋葉原配布エリア】
・JR秋葉原駅電気街口正面中央通り沿い付近:10月30日、31日14:00〜23:00
・JR秋葉原駅中央改札口付近:10月30日、31日14:00〜23:00

Licensed material used with permission by 東京都産業労働局観光部企画課

オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
それでも、ただのゴミとは違います。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...