フランスの歴史的建造物が、ビニール袋でパンパンになったワケ。

真っ先に、赤と緑の色が目につきました。だから、クリスマスの飾り付けなのかなと思い、よ〜く見てみると……。

Image by Luzinterruptus and Lola Martínez
Image by Luzinterruptus and Lola Martínez
Image by Luzinterruptus and Lola Martínez
Image by Luzinterruptus and Lola Martínez

今にもパンッと弾けそうな
たくさんのビニール袋

これはフランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。ヨーロッパを中心に活躍する、匿名アーティストグループ「Luzinterruptus」によるものだそう。

もう想像できているかもしれませんが、彼らのメッセージは「ビニール袋を使わないように」というもの。リサイクルをするだけでは、問題が解決できないくらいのレベルになっているのが背景にあるようです。

Image by Luzinterruptus and Lola Martínez

これを実現するために30人のボランティアが、数千のビニール袋を街のスーパーなどから回収したとのこと。

ちなみに、日本全体では、年間1人あたり約450枚を使っています。つまり、10人が消費する袋を集めれば、同じようなインスタレーションが制作できるということに。こう考えると、フランスのアートでも、他人事ではないと意識できるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Luzinterruptus
香港を拠点にする企業「Distinctive Action」が、水に溶けるビニール袋「#INVISIBLEBAG」を開発した。70℃のお湯をかければ、数分...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
水が入ったビニール袋のように見えて、実はこれ絵なんです!……そんなスーパーリアリズム作品なら、もうお腹いっぱい。
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。