「LEGO」が「ビニール袋の廃止」と「紙袋の採用」を発表

9月15日、「LEGO」が今後3年で最大4億ドル(約420億円)をサステイナビリティを実現するための取り組みに投資すると発表。2025年までには、すべてのパッケージを環境に配慮したものに変えるという。

その手始めとして、製品ボックスに入っている使い捨てビニール袋を段階的に廃止し、紙袋に置き換えていくそうだ。すでにいくつかのプロトタイプでテストをおこない、子どもたちが開けやすいような工夫が凝らされているとのこと。ルックスもかわいくなりそうだ!

ほかにもLEGOは、2022年までにカーボンニュートラルを達成するための施策などを公開。「世界の明日を創造していく未来の担い手を育成する」という使命を掲げる企業なだけあり、本気でサステイナビリティを実現しようとする熱意を感じ取ることができる。

これまでもそうだったけど、これからのLEGOにも注目だ。

©LEGO
©LEGO
Top image: © LEGO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事