「ぼくはLEGOの仕事に向いてます」6歳が手紙を書いたら、本当に採用された。

Googleで働きたい女の子、NASAで働きたい男の子。2人に共通していたのは、その熱い思いを手紙にし、企業に伝えたことでした。

追随するようにして、また新たに話題となった男の子がいます。LEGOでどうしても働きたいというStanley Bolland君。ただ、彼の場合は、本当に仕事をゲットすることができたのです。

「ぼくこそが最適な人材」

ぼくは、6才でLEGOがだいすきです。
兄弟にだまって使われないように、
いつもハコに入れています。

ぼくはたくさん経験があるので、
お仕事に向いていると思います。

Stanley君は、模型製作の求人をFacebookで発見し応募しました。自分こそが最適な人材ですと言わんばかりの自信は、いつもLEGOで遊んでいるからこそなんでしょう。

熱い気持ちが届いたのか、Stanley君は1日だけ働ける機会を与えられることとなったのです。自分の手でチャンスを掴むことに成功しました。

20年の経験があるプロに学ぶ
充実した1日

Stanley君の仕事の内容は、20年の模型製作経験をもつPaulaさんから学び、ノウハウを吸収するというもの。実際にLEGOのピースを手にとり、教えてもらいました。

それだけではなく、レゴランド内にある模型を修理したり掃除する業務も。これだけやれば、Stanley君にとってはかなり濃い仕事体験となったのではないでしょうか。

入念な点検作業をおこなう様子。

手が届きにくいドラゴンの口の中もブラシでお掃除。

イギリスにあるレゴランドには、このようにロンドン中心部をイメージしたエリアも。

ロンドンアイもキレイにすることを忘れません。

Stanley君に仕事を教えたPaulaさんは、「大人になってまた応募してくれるのを楽しみにしています」とコメント。彼の情熱溢れた前向きな姿勢は、社会人でも見習うことができるかもしれません。

Licensed material used with permission by LEGOLAND Windsor Resort
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
最近、あなたは人に褒められましたか?または褒めましたか? 坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、褒める行為について彼女なりの考え方がまと...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
先月の「いい夫婦の日(11月22日)」に合わせて登場したのは、自分の肌で送り手の暖かさを感じられる「あったか〜い」手紙。名前はそのまんま、HOT LETT...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...