「Googleで働きたい!」7歳少女の手紙に、思わずCEO自らが返事を書く

「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googleに手紙を出しました。

その後クロエちゃんの元に届いたのは、なんとGoogleのCEO、サンダー・ピチャイ直筆サイン入りの手紙。それは一体、どんな内容だったのでしょうか?

すべり台で遊べる
Googleオフィスで働きたい

そもそものきっかけは、Googleのオフィスの写真を見たこと。ビーズクッションやゴーカート、すべり台があるのを見たクロエちゃんは、「ここで働きたい」と決意。

思いの丈を伝えるために、自分の長所などを手紙に書き、Googleへと送りました。

Googleの社長さんへ

 
私の名前はクロエです。大きくなったら、Googleで働きたいです。チョコレート工場でも働きたいし、オリンピックで水泳もしたいです。水泳には、火曜日と土曜日に通っています。
 
Googleで働いたら、ビーズクッションに座ったり、すべり台やゴーカートで遊んだりできるとお父さんが言っていました。
 
私はコンピュータが好きで、タブレットを使ってゲームをしています。お父さんは「コンピュータを勉強するのに役立つよ」と言って、ロボットを上下させるゲームを買ってくれました。あと、いつか本物のコンピュータをくれるそうです。
 
私は今7歳です。私の先生は、単語のつづりや読み方、計算が得意だねと言ってくれています。私のお父さんは、いい子にして勉強を頑張っていれば、いつかGoogleで働けるよと言ってくれました。
 
私の妹のホリーも頭がいいけれど、お人形遊びとおしゃれが好きです。ホリーは5歳です。
 
Googleで働きたいなら、応募書類を送るといいとお父さんが教えてくれました。私は、それが何かよく分からなかったのですが、お父さんが今は手紙でいいよと言ってくれました。
 
手紙を読んでくれてありがとうございます。私は今までに1枚しか手紙を書いたことがありません。それは、サンタさん宛てでした。さようなら。
 
クロエ・ブリッジウォーター 7歳

「どんな夢だって叶うよ」

この手紙に返信が来るとは、誰も予想していなかったことでしょう。ですが、なんとGoogleのCEOであるサンダー・ピチャイが、実際に彼女の夢を後押ししてくれたのです。

クロエちゃんへ

手紙をありがとう。コンピュータやロボットに興味を持ってくれて嬉しいよ。これからも、テクノロジーについて学び続けてほしいな。

私は、一生懸命に夢を追い続けていれば、君が抱いている夢は、どんな夢だって叶うと思っている。Googleで働くことであったり、水泳選手としてオリンピックに出場することだってね。君が学校を卒業したとき、君の応募書類が届くことを楽しみにしているよ。

君と、君の家族に幸あれ。

Google CEO サンダー・ピチャイ

父親のアンディさんは、この手紙の内容をLinkedInへ投稿。クロエちゃんの物語は瞬く間に話題となりました。

手紙を受け取ったクロエちゃんの様子は?と父のアンディさんに尋ねたところ、

「これ以上ないくらい大喜びしているよ!すごくワクワクしているみたいだ」

とのこと。

コンピュータとロボットのお勉強を続けていたら、もしかすると十数年後、クロエちゃんが実際にGoogleで働く日が来るかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Andy Bridgewater
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Pogues(ザ・ポーグス)の『Fairytale Of New York』です。
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
アメリカでオルタナティブなビタミンDを摂取する方法を紹介します。「Butthole Sunning」です!
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...