【オランダ】サッカーの試合中に起こった、子どもたちへの「粋なサプライズ」

現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあった。

それは、ホームであるフェイエノールトの公式Twitterアカウントが、試合前にこんなつぶやきを投稿したことに端を発する──。

「アウェイサポーターのみなさんへ。試合には小さなおもちゃを持ってきてください。堅いおもちゃは禁止です」

大量のぬいぐるみが
二階席から降ってきた

迎えた当日。アウェイ・デンハーグサポーターがこぞって持参したのは、大量のぬいぐるみ。それらを合図とともに二回席から一斉に投げ下ろしたのだ。

でも、一体なぜ?

「Daily Mail Online」によると、実はこの下の座席一帯には、ロッテルダム市内の病院に入院中の子どもたちが招待されていたそう。彼らが2階を見上げ受け取れる準備ができたタイミングで、デンハーグサポーターはぬいぐるみを豪快にプレゼントしたというわけ。

 実際の動画はこちら

熱狂渦巻くサッカースタジアムには似つかわしくない、ぬいぐるみの雨を降らせたデンハーグサポーター。惜しくも試合には敗れてしまったものの、彼らが見せた行動には多くのサッカーファンから賞賛の声が寄せられている。

Licensed material used with permission by Rene GGH, Voetbaleenheid Den Haag
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。