プロポーズからわずか4時間後に結婚式を挙げた、しあわせカップル

ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレスを選び…。たしかにいくら時間があっても足りなそう。ところが、それを周到な計画でたった4時間で実現させたカップルがいました。

この日、アメリカ最大のスキー場としても有名なコロラド州ヴェイルへと出かけたザックとキャシーのカップル。どこまでも尾根がつづく見晴らしのいいパノラマデッキでザックは突然、片ひざを付いてこうキャシーに語りかけました。

「キャシー、ぼくと結婚してくれるかい?」

突然のプロポーズではあったものの付き合いの深さから、真剣に結婚を考え始めていた二人にとって一緒になることは必然だったのかもしれません。キャシーは彼の言葉が終わらないうちに、二つ返事で最愛のパートナーからの申し入れに「Yes!」で答えたそう。

と、ここまではよくあるプロポーズの一幕。ですが、ここからがある意味彼女にとっての本当のサプライズ。わずか数時間後、ダンガリーにパンツスタイルのラフなキャシーの姿が一変するのです。

すべて織り込みずみの
劇場型プロポーズ

それは、プロポーズを成功させたザックのこんな言葉から始まりました。

「みんなのいる前でぼくはもうひとつキミに尋ねなければいけないことがある。今日、この場で結婚式を挙げないか?」

振り返るとキャシーの後ろには、何度も顔を合わせているザックの家族、苦楽を共にしてきた親友たち、そしてわざわざこの日のためにテキサス州から出向いてくれた両親の姿が。

「大丈夫、みんな用意してあるんだ。ドレスだって、大切な人たちだって」

家族の顔を見つけた瞬間あふれ出る涙が止まらなかった、のちに書き留めているキャシーさんの気持ちもよく分かります。だって、ある程度プロポーズの予感はあったにしても、同日にそのまま結婚式を挙げるなんて。普通に考えたらありえないシチュエーションな訳ですから。

婚約者から花嫁へ
その間わずか4時間

ほんの数時間前まで週末デート気分だったキャシーが、完璧な花嫁姿に変身。薄汚れたスニーカーも、もちろんヒールに履き替えて。この日のためにスタイリストもアクセサリーもブーケもカメラマンも、すべて用意していたザック。

とはいえ、ドレスだけは急ごしらえとはいかないでしょうに…。後日「Love What Matter」にこの日の模様を掲載したキャシーによると、母、姉、そして二人の親友が彼女が気に入りそうなウェディングドレスをそれぞれに選び、デザインの異なる4着を用意してくれていたんだそう。

こうしてプロポーズから4時間後、この日ヴェイルの山頂に集まった両家の親族と友人が立会人となり、晴れて二人は夫婦に。

盛大な結婚式を望んでいたわけじゃない。ハレの日のドレスを時間をかけて選ぶつもりもなかった。出席者のリストで苦労したいとも思っていなかった。大切な家族と友人たちに囲まれて式を挙げられればしあわせ、それをザックが一番理解していてくれたことがうれしいんです」と、キャシー。

もしかしたら、史上もっともプロポーズ→結婚式の感覚が短かかったしあわせカップルのお話でした。

Licensed material used with permission by Landon Momberg
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
とにかくサプライズを好むと言う人もいれば、「早く結末が知りたい!」と先が気になってしょうがないタイプの人も。もしあなたが後者なら、この記事は嬉しいもの。付...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
フラッシュモブをはじめ、多くの協力者を巻き込んでのサプライジングなプロポーズはよく聞く話。けれど、これはちょっと考えつかなかった。航空会社が全面協力した、...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...