メーガン・マークルとヘンリー王子の結婚が歴史的な4つのワケ。

11月27日に婚約を発表したイギリス王室のヘンリー王子と、アメリカの女優メーガン・マークル。このニュースが世の中を騒がせたのはただ「嬉しいニュース」だからというだけではない。この婚約はイギリス王室の伝統を揺るがす、まさに「歴史的」なものだったというのだ。

今回は「Elite Daily」のCaroline Burkeさんの記事から、ふたりの結婚に関して注目すべきポイントを4つ紹介しよう。

01.
イギリス王室が初めて
アメリカ人との結婚を承認

アイルランド・タイムズ紙によるとメーガンは、1937年にウィンザー公がアメリカの社交関係者だったウォリス・シンプソンと結婚した時以来、イギリス王家と結婚する初めてのアメリカ生まれの人物。しかし、ヴィンザー公の結婚時は、アメリカ人との結婚が許可されていなかったため、王位を破棄しなければならなかった。

一方今回の結婚については、この必要はなしとされているのだ。王室が過去数十年間でどれだけ変化したかがよく表れているといえそう。

02.
初の非白人ルーツ

メーガンのお母さんはアフリカ系アメリカ人、お父さんはオランダ・アイルランド系なのだそう。有色人種のルーツを持つ人間がロイヤルファミリーになるのは史上初のこと。

03.
経歴や出会いも異例中の異例

Photo by Max Mumby/Indigo/Getty Images

ヘンリー王子の3つ上である36歳のメーガンには実は映画プロデューサーであるトレバー・エンゲルソンとの離婚経験がある。また彼女は2011年から続くアメリカの大ヒットドラマ「SUITS」で主人公の恋の相手役もしているポピュラーな存在。

民間人との結婚・離婚も経験し、世間に馴染み深い連続ドラマのヒロインでもある人物が、歴史ある王室に迎えられついに本物のプリンセスになってしまうとは驚きだ。「友人の紹介によって」という馴れ初めも一般人からしたらよくある話だけど、伝統と格式を重んじる英国王室のでは異彩を放つエピソードなんだそう。

04.
王室がSNSをフル活用

婚約情報の第一報を英国王室が公式にTwitterで流したのも実は史上初のこと。またそのほかにも、メーガンの上記のような経歴やルーツ、国籍、離婚歴などに対して誹謗中傷が巻き起こった際に、王室は、人々にメーガンへやその家族への攻撃を止めるよう求める公開声明を出したのだ。

王室の結婚式についてはいつの時代も驚くことばかりだけれど、こういった新しい風を呼び込むような動きについて、王室がサポートをする動きが見られるのは嬉しいことでもあるのでは?

裕福な一般家庭に生まれたキャサリン妃ですら、祖先が炭鉱夫ということで「労働階級」と言われたくらい格式高いイギリス王家。

有名女優として築き上げた地位と財産、そして輝かしい美貌と学歴を兼ね備えているとはいえ、アメリカ人でしかも一般家庭出身のメーガンが今後庶民派プリンセスとしてイギリスに受け入れられていくのかは注目すべきところだろう。

Top Photo by Max Mumby/Indigo/Getty Images
Licensed material used with permission by Elite Daily
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
誰にも打ち明けられないような「心の傷」がひとつ、ふたつ。生きていくということはそれを消化することなんだろうけれど、上手くいかないことのほうが多い。お金や地...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
英ロイヤルファミリーのちょっと奇妙なルールをご紹介。王室での生活を覗き見れるようなトピックだ。
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
今年1月に英王室からの離脱を発表して、3月31日をもって正式に地位を退いたヘンリー王子とメーガン妃。メーガン妃は王室離脱後初となる仕事として、ドキュメンタ...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
4月19日の会見にてNY州知事は「結婚許可証をリモートで取得するのを認め、事務局員はリモートで結婚セレモニーを行うことを法的に認める」と宣言。
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
チャリティーに力を入れているユージェニ王女がイギリス王室初のPodcastで番組を始める。