母の死を乗り越えたヘンリー王子が語る。「心の傷」の癒し方

英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリー王子。

その後、王子はキャサリン妃とウィリアム王子と共に「Heads Together」のキャンペーンの一貫として、精神的に苦しんでいる人たちに向け、メンタルヘルスについて語る動画を公開しました。

どんなにつらくても
「言葉」にする勇気を

09b4dab72d5cbb8db627d316f6f8a4f1a4955189

「もし、自分以外の全ての人の人生が完璧だと思ってしまうと、問題を抱えていることはおかしいことなんじゃないかと感じてしまう。でも、悩みを打ち明けられる家庭環境があれば、家族の絆も深まるし、仕事や学校での良いパフォーマンスにも繋がるんだ

続けて、こう語る。

「外傷であればわかりやすいけど、隠れた傷だったら誰にもわからない」

「他の家族や子どもたちを見ると、彼らに自分と同じ経験をして欲しくないと思う。経験を通して、少しでも助けになりたいんだ。抱え込む代わりに、若いうちから“言葉にする”勇気を持って欲しい

と。

問題が起きた時は、誰かとシェアしたほうが乗り越えることができ、家庭内や外の生活にもいい影響を及ぼすと訴えた。

「何かが変わるわけじゃない」
昔はそう思っていた

Ca2d85fe4223595432b8429b7d542fd4ac29a570

兄のウィリアム王子は、こう打ち明ける。

「あの経験が兄弟の絆を深くしてくれた。それでも母親を失ったことについて十分に話してはいなかった」

同感するヘンリー王子。横で聞いていたキャサリン妃はヘンリー王子に「このキャンペーンを通じて気づいたことはある?」と問いかける。

「昔の自分は、なんで過去を振り返らなきゃいけないのか?と思っていた。悲しくなるだけなのに、と。何かが変わるわけじゃないし、母が戻ってくるわけでもない。でもそれは自分を傷つけることになるんだ。よく兄には、落ち着いて母の記憶を思い出してみなさいと言われたよ。ただ、考えることを避けたかったんだ」

普段聞く事ができない、一国の王子とその家族の本音は、いつものきらびやかなイメージとはかけ離れていて、普通の家族の会話を聞いているようでした。ヘンリー王子がずっと胸に閉まっていた「深い傷」を人前で話してくれたなら、あなたも身近にいる大切な人に心を開いてみませんか?

Licensed material used with permission by Heads Together
誰にも打ち明けられないような「心の傷」がひとつ、ふたつ。生きていくということはそれを消化することなんだろうけれど、上手くいかないことのほうが多い。お金や地...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
「Diana, Our Mother: Her Life and Legacy」が米TVネットワーク、HBOにて公開されました。そこで「Little Th...
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
アンソニーくん(13歳)が、妹アナベルちゃんの5歳の誕生日にプレゼントしたのは、白雪姫にしてあげるという魔法。自分は王子様になり、アナベルちゃんを迎えにい...
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
「ワイルドな頼もしさ」すら感じてしま女性を撮影するのは、フォトグラファーのKarevа Margaritaさん。彼女たちには、白馬に乗った王子の助けなんて...
年が明けて、新しい目標を抱く人が多い1月。2018年が終わるときに、どんな自分だったら「最高の年だった」と言えるだろう。去年できなかったことや、反省をいか...
生きている限り、どうしても避けることのできない不遇に見舞われることがあります。自身の努力では到底太刀打ちできない事象に出会ったとき、どのようにして乗り越え...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
女優として活躍し、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークル。婚約を発表したことで、彼女に改めてスポットライトが当たり、拡散したあるスピーチがある。2015...
自分にされたことがあまりに酷くて、相手の行いを許すのがとても難しいことがあります。でも、いつまでも対立状態にいるのも心が疲れてしまう。そんなとき、どのよう...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...