「残酷」だってわかってるのに、見てしまう。

本の表紙や映画の広告など、「怖い」雰囲気を漂わすビジュアルなのに、妙に惹かれてしまうことがある。しかも強烈に。

もう、この話にハッピーエンドなんてあり得ないでしょ。そう、わかりきっているのにも関わらず、夢中になってしまうのは何故なんだろう。

ただ、
ひたすら「闇」に惹かれる。

FRANK DIAMONDの写真は、おとぎの国のような美しさや物語がある。でも、彼の生み出す世界は、すべて“闇”を感じてしまう。

「乙女たちと白馬の王子様との幸せなんて、ないのかもしれない。この物語の結末は、きっと絶望しかない」。そう思いながらも、惹かれてしまうフシギな魅力があるんだ。

 

さぁ、闇の世界を覗いてみよう。

Licensed material used with permission by FRANK DIAMOND
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
『シンデレラ』や『白雪姫』などの原作を読むと、残酷さを感じる闇な一面にびっくりしたことがある。こんな、ダークメルヘン好きに人に紹介したいのが、Brooke...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
この写真がどうしてそんなに「興味深いのか?」というと。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
「星のや軽井沢」で、冬真っ盛りの12月1日〜2021年2月28日に「森のほとりcafe&bar ~氷上の星空特等席~」が開催される。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やInstagramのフォロワー数は1...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。