どこまでわかる?ありえそうで、ありえない写真たち!

Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばかり。矛盾などを表現しているそうです。わかりやすいものから、いくつか見てみましょう。

01.

422d1fc0618c772a8fab9bab0fc8b2e8b8052f7a

02.

4654ed7c771719fdf88980ed6185d4a9493e659d

03.

Db16602605bd1f58b0a4bcbf5f742401c96633da

排水口のないシンク。一つ目用のサングラス。オレンジから突き出た蛇口。

そのほかに、こんなものも。

04.

E2ddb5b7ca5125e6f2ded8970a1e672bf86f946c

05.

Db54157b9e1a657900867e0c0f9b0559edf4453c

06.

B2c95efb8c2c31a13d55f67436870d583a91fff8

07.

D4d590996ab78f4740155a12120aef2d3a1bf410

08.

20d0dcc13ad718bdf80d15161271ffddaac2e7b1

09.

5aaf6d40c88161586c2468cf019e42f0fbec12ed

10.

585b95963ff441d891413515ae696f820185bb27

ポーカーや、鏡に写ったトランプの姿など、作品はこちらから確認できます。

Giuseppe Colarusso氏は、見た人を笑わせたり考えさせることに挑戦しているそうです。作品は、汚染、コンシューマリズム、現代の矛盾など、シリアスな意味も含んでもいるとか。

ダンボールで作った金庫に大掛かりな鍵がかかっている写真を見ると、そんなものがあっても仕方がないでしょう!という気持ちの投げかけを形にしたものが多いのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Giuseppe Colarusso
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわ...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
はじめは、あまりにも細かくて、何が描かれているのかわかりませんでした。でも、じ〜っとよく見ると、そこにはあっと驚くミクロな世界が広がっています。もう、「食...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。