見れば見るほど驚く、古典的ハイパーリアリスティック。

ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。

ここで紹介するのもそのうちのひとつ。しかし、リアルなだけじゃない!

というのも、作者のEmanuele Dascanioさんはレオナルド・ダ・ヴィンチの研究者であり、ルネッサンス美術を学んできた人。絵には雰囲気がムンムン。

さらに、動画で製作工程を見ると、指紋などの細部も見れば見るほど超人的に細かく描かれているのです。絵画のようでありながらも写実的。ぜひ動画を見てみて!

Licensed material used with permission by Emanuele Dascanio, (Facebook)
木の板の上に並べられたスタバのカップが2つ。まずは、その目でじっくり見てほしい。実はこれ、絵なんです。描いたのは、シンガポール人アーティストのアイバン・フ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いん...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。作者名:Reisha Perl...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
「SIXOVERONE」の使いみちは、あなたが今イメージしているであろうことそのまま。申し訳なくなるくらい、ひねりなしのド直球です。
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...