元タトゥーアーティストが描く、とろけそうな「ハイパーリアル」11枚

写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。

その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いんです。小さい頃から絵がうまく、幼稚園を卒業する頃には油絵を描き始めていたというMike。11歳のときにケルン大聖堂の前で作品を展示していたところ評判となり、美術学校の大人クラスに子供ながら唯一受け入れられたんだとか。

正規の「入学」ではないものの、当時からその才能は光っていたようです。

20代前半は
タトゥーアーティストとして
アワードも受賞

現在33歳のMike。「これまで、ちゃんと美術を学んだことはないんだ」と言いながらも、20代の前半はタトゥーアーティストとして名を馳せ、その活躍は賞の受賞で助成金を受けるほどだったとか。「アーティストになるって決めるまで、14年くらいタトゥースタジオをやっていたんだ」。

ダリ、カラヴァッジョの
影響を受けて・・・

その後、ダリやカラヴァッジョ、H・R・ギーガーなどの影響を受け、活動内容をシュールレアリスムや、リアリズムへフォーカス。

現在の、まるでスナップショットのようなアート作品作りへと繋がってるそう。

boredpanda」のインタビューによれば、「まるで写真のようにリアルなエフェクトの、カラーグラデーションや光の反射が好きなんだ」とか。

彼のInstagramFacebookもチェックしてみては?

Licensed material used with permission by MIKE DARGAS STUDIO
Reference:boredpanda
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
木の板の上に並べられたスタバのカップが2つ。まずは、その目でじっくり見てほしい。実はこれ、絵なんです。描いたのは、シンガポール人アーティストのアイバン・フ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。け...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...