カタツムリ、トカゲ、金魚、こいつらみんな…。

カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。

けれど…。

そう。これは、みんな絵。

絵と言われても…
写真にしか見えない!

どれだけ自分に言い聞かせて眺めても、まったくそう見えてこない、あまりにリアルな質感にため息が出そうになる。

カタツムリの殻の光沢も、触ればぬめっとしていそうな皮膚の質感も、金属についた水滴も、どれも本物にしか見えないんだから。

現実と創作の境目が曖昧になる超写実的な絵画は、韓国を拠点に活動するアーティストYoung-Sung Kimによるもの。

ここに描かれる生命は、実はどこにも存在しない。フェイクと言われればたしかにそう。でお、何だか世界の見え方が変わってくるような気がしないだろうか。

Licensed material used with permission by Young sung Kim
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイに住む若干19歳のアーティスト、スーシャント=S=レーンさん。独学でこの...
金魚に魅せられ、創作を続けてきた現代美術家「深堀隆介」の創作展「金魚愛四季(きんぎょいとしき)」が「そごう横浜店」で開催中。平面である絵画と立体作品の境界...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めて...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
水が入ったビニール袋のように見えて、実はこれ絵なんです!……そんなスーパーリアリズム作品なら、もうお腹いっぱい。
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いん...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。