この「豆腐屋さん」に隠された衝撃の事実。あなたは見抜けますか?

歴史情緒溢れ、小江戸の別名を持つ埼玉県川越市。そんな城下町の日常風景を切り取ったこの「一枚」には、ある秘密が隠されています。

20130911-388x500_Rみなさん、お気づきですか?

実はコレ、写真と見間違えるほどリアルに描かれたイラストなのです。使われたのは色鉛筆のみ。「のぼり」が風に揺られる様が、見事に表現されていますよね!

20150409-354x500_R

作者は、色鉛筆画家・林亮太氏。色鉛筆の表現力と可能性にチャレンジしたいと考えた同氏は、2009年から何気ない東京近郊の風景を描き続けています。

20150526-363x500_R 20150507-358x500_R

どれもこれも、すべての作品が「色鉛筆」で描かれています。

20150324-354x500_R20150305-500x354_R

特筆すべきは、光と影の圧倒的な再現力。きっと、一枚の作品が完成に至るまでには、途方も無い苦労があるのではないでしょうか…。

20150212-500x354_R20141126-500x353_R 20141106-500x353_R

作品はFacebookTwitterなどで公開中。公式HPでは、作品の購入や、ペインティングレッスンのスケジュールもチェックできます。

ちなみに、今後は名古屋と東京で個展を開催予定。作品を実際に見れる数少ないチャンスをお見逃しなく!

【開催概要】
「林亮太作品展」
・会期:2015年9月29日(火)〜10月4(月)
・会場:名古屋セントラル画材アートギャラリー
・開館時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

【開催概要】
「林亮太作品展(仮)」
・会期:2015年11月10日(火)〜14(土)
・会場:
レクトヴァーソギャラリー
・開館時間:13:00〜19:00(最終日は16:30まで)

Licensed material used with permission by 林亮太

パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...